JVCケンウッドは、Victorブランドの密閉型ヘッドホン新製品「HA-MX100V」を7月下旬より発売。価格オープン価格で、税抜23,000円前後での実売が想定。



スポンサーリンク


▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ
▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく

同社がビクタースタジオのプロデュースにより2016年に発売した業務用モニターヘッドホン「HA-MX100-Z」を、Victorブランドの下でリニューアルしたモデル。ハウジングにブランドの象徴である「犬のマーク」(かの有名なニッパー)をあしらい、これまで同様のプロの音楽制作の現場をはじめ一般ユーザーに向けても販売するものです。出荷前にはビクタースタジオ仕様によるエージングも施されているのも「HA-MX100-Z」同様の特徴です。

両モデルの内容面での違いは、ハウジングにニッパーのマークがあるかどうか、だけのようです。その他の機器としての内容やスペックには全く違いがないようです。「HA-MX100-Z」はハイレゾ対応時代の新モニターヘッドホンを目指したモデルですから、簡単に変えることはないでしょうし。なお、「HA-MX100-Z」はプロ用機ということで保証が短期間しかなかったようですが、「HA-MX100V」ではメーカー1年保証がつきます。上記のように販路も広がり、購入しやすくなることに加え、試聴機会も増えるはずです。

ドライバーユニットには日本製高純度CCAWボイスコイルや熱処理を施した低歪磁気回路を採用し、スタジオエンジニアによる実聴評価を繰り返したハイレゾ対応モニタードライバーユニットを搭載。スタジオでのモニタリングに必要とされる高い分解能を持ち、楽器やボーカルの質感などを豊かに表現するとしています。

振動板前面にはモニタードライバーユニットの性能を最大限に発揮させるため、独自のサウンドディフューザーを搭載。伸びやかで解像感の高い高域再生と、音場の自然な広がりを実現。さらに、振動板の前室側と後室側双方の圧力を最適化し、振動板を入力信号により忠実に動かすデュアル・クリアバスポート構造を採用。低域再生力を強化し、歪の少ない自然で繊細な音場表現を可能にしたとしています。

ケーブルとプラグはL/R独立グランド構造で、セパレーションと空間表現力を向上。装着感もスタジオエンジニアが長時間使用して疲れにくいよう徹底追求し、軽量設計となっています。

再生周波数帯域は10Hz~40kHz、インピーダンスは56Ω、出力音圧レベルは107dB/1mW。最大許容入力は1,500mW。ケーブル長は2.5m、質量は約265g(ケーブル除く)。

古臭く、素っ気ない外見、しかし、音質はよい、という定評の高いモデルです。情報量、レンジ感は広く、空間表現力も高いながらも、録音のアラをさらけ出しすぎないきらいもあるマイルドな音調は、モニター機よりもリスニング機に向いているとも言われています。

惜しいのは、リケーブル非対応なこと。スペックは変えなくていいので、リケーブル・バランス接続対応モデルが出ればありがたいのですが(自分で線を切って改造している人はいます)。