ソニーネットワークコミュニケーションズは、電球とスピーカーを一体化したLED電球スピーカーの新モデル「LST-SE300」を4月30日に発売。オープン価格で、税抜18,500円前後での実売が予想されます。



スポンサーリンク


▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ
▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく

スピーカーを内蔵しており、E26口金対応の照明器具用電球として使えるだけでなく、Bluetooth接続で音楽を再生することもできるという製品。最大外形寸法は約φ61×116mmで、質量は約198g。

従来モデル「LSPX-103E26」に対し、LST-SE300ではIPX4相当の防水性能を搭載し、屋外でも利用できるようになったのが大きな違い。

スピーカーは40mmのフルレンジで、実用最大出力は2W。低音性能がアップしたとしています。

Bluetoothのバージョンは4.1。コーデックはSBCとAACに加えて、aptXに対応したのも新機能。NFC搭載による対応機器とのワンタッチ接続も備えます。

2台のスピーカーを繋いでステレオで楽しむ「ステレオモード」にも対応。

明るさは全光束520lm(40W相当)。また色温度は2,700K。付属リモコンや専用アプリを使用することで、32段階の調光と192色の調色、照明のオンオフなどが行えます。

アプリでは音楽のリズムに連動した照明カラーの自動変更にも対応。タイマー機能により電源の自動操作も行えます。

音質云々はともかく、実用性やインテリア性をはじめ、いろいろな使い方が楽しめそうな夢のあるアイテムと言えるでしょう。