PAW S1



「春のヘッドフォン祭2020 ONLINE」にて、トップウイングサイバーサウンドグループは、Lotooの超小型USB-DAC/ヘッドホンアンプ・Paw S1を発表。価格は27,000円(税抜)、iOS端末用向けLightningケーブルを付属するセットは32,000円(税抜)。発売は5月下旬。



スポンサーリンク


▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ
▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく

Lotoo「PAW GOLD」のクオリティをスマートフォンで実現できるというバッテリーを内蔵しない超小型DAC内蔵ヘッドホンアンプ。

外形寸法66×22×13mm(縦×横×厚さ)、重量27.1gと、小型軽量。筐体はアルミニウム合金で、CNC機械加工で単一の合金ブロックから削り出し。有機ELディスプレイも搭載。

接続はUSB-C。PC、Macと接続した際は、プラグ・アンド・プレイでドライバーをインストールせずに使用可能。Androidにも対応。

ヘッドフォン出力として、3.5mmのアンバランスと、4.4mmのバランス出力を装備するのも大きな特徴。4.4mmのバランス出力には、ペンタコンのコネクタを採用。

最大出力は3.5mmが70mW/ch @32Ω、4.4mmが120mW/ch @32Ω。アンプチップ「OPA1622」を装備する事で、高いアンプ出力も実現しています。

対応フォーマットは、PCMが384KHzまで、DSDは5.6MHzまで対応。

ゲインコントロール機能、PAW Gold TOUCHにも搭載されている、イコライザーと音場調整機能であるPMEQ/ATE機能を搭載。

LotooのDAP相当の内容であるならば、この価格でも高くはないでしょう。iPhoneとも接続できるので、今、話題のiPhone SE 第2世代などと接続してハイレゾ音源やストリーミングを4.4mm径バランス接続で聴くといった楽しみ方ができます。