シュア・ジャパンは、有線イヤホンの新ライン“AONIC”を発表。「AONIC3/4/5」3機種を、4月25日より発売。オープン価格で、AONIC3は税抜19,800円前後、4は税抜32,800円前後、5は税抜54,800円前後での実売が予想されます。


スポンサーリンク


▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ
▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく


AONIC3は“シュア製品の中で最も小型”だという、シングルBAドライバー搭載イヤホン。

2000年代に発売されていた同じくシングルBAドライバー搭載の小型筐体モデル「E4」の系譜に連なっており、全帯域にわたるパワフルなサウンドが特徴で、同社の「E4」譲りの装着感と性能を備え、クリアで自然なサウンドと明確なステレオイメージを提供するとしています。

再生周波数帯域は22Hz-18.5kHzで、インピーダンスは28Ω、感度は108dB SPL/mW。

AONIC4は、同社初となる1DD+1BAのハイブリッド型イヤホン。

ハイブリッド構成とユニークな音響経路が特徴だとしており、ダイナミックな低域とクリアな高域再生により、楽器間の自然なセパレーションと明瞭なボーカル表現を実現するとしています。

再生周波数帯域は20Hz-19kHzで、インピーダンスは7Ω、感度は106 dB SPL/mW。

AONIC5は、ウーファーに2基、トゥイーターに1基のBAドライバーを搭載する2ウェイ3BA型イヤホン。同様構成の「SE525」がベースモデルと思われます。

伸びのある高音、温かみのある中音、自然で引き締まった低音を再生し、「映画を見ているかのような本格的なオーディオエクスペリエンスを求めるリスナーに最適」だとしています。

また、上位モデルの「SE846」にも採用されている着脱式ノズルを搭載しており、用途にあわせて「バランス」「ウォーム」「ブライト」の3種類のサウンドにチューニングすることが可能なのが大きな特徴。

再生周波数帯域は18Hz-19.5kHzで、インピーダンスは36Ω、感度は117dB SPL/mW。

いずれもコネクターにはMMCXを採用し、マイク付きリモコン搭載の3.5mm径プラグタイプのケーブルが付属。ケーブル長は127cm。外部ノイズ減衰量は最大37dBと定評の遮音性もこれまで同様。

付属品にはフォーム・イヤーパッドとソフト・フレックス・イヤーパッドをそれぞれS/M/Lの3ペアと、イエロー・フォーム・イヤパッド、トリプルフランジ・イヤパッドを各1ペア、キャリングケース、6.3mmアダプター、クリーニングツールを用意。AONIC5には、これに加えComply Pタイプイヤーチップ(S/M/L)、交換用ノズル、ノズル取り外しキーが付属。

AONICは完全ワイヤレスイヤホン用のシリーズではありませんでした。いずれもイヤホン好きなら興味をそそられるモデルばかり。

ちょっと心配なのは、先に発売された完全ワイヤレスイヤホンのAONIC 215。なんでも初期不具合多発で、回収?や販売停止中だとか。

ただ、新発売の3モデルは、AONIC 215のような故障は起こりそうもないので、あまり関係はないでしょう。
































これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。