EHP-CH2010SP

エレコムは4月1日より、イヤホンが巨大化したデザインのスピーカー「イヤホンモチーフスピーカー」と、テトラポッドをモチーフにしたBluetoothスピーカー「TETRAPOD SPEAKER」をMakuakeにてクラウドファンディング開始中。



スポンサーリンク


▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ
▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく


ジョークのように見える企画ですが、実際に製品を購入することができるプロジェクト。終了日は6月29日。

イヤホンモチーフスピーカーは、同社イヤホン「EHP-CH2010」をモチーフにした有線接続のステレオ分離型アクティブスピーカー。価格は20個限定のスーパー超早割が9,900円(以下税込)、50個限定の超早割が13,800円、200個限定の早割が15,800円、300個限定の特価が17,800円、通常が19,800円。

サイズはEHP-CH2010のちょうど6倍。ドライバーはφ52mmのフルレンジを採用し、パッシブラジエーターも搭載。出力は合計4.2Wで、インピーダンスは4Ω。電源コネクターはUSB Type-C、入力端子にφ3.5mmステレオミニプラグを採用。外形寸法は120W×90H×100Dmm(スピーカー)/47W×37H×307Dmm(メインユニット)で、質量は約980g。スタンドが付属。

TETRAPOD SPEAKERは、テトラポッド形状のモノラルBluetoothスピーカー。価格は20個限定のスーパー超早割が6,900円(以下税込)、50個限定の超早割が7,900円、200個限定の早割が8,900円、300個限定の特価が9,400円、通常が9,800円。

高剛性グラスファイバーを使用したφ45mmのフルレンジスピーカーを搭載。φ31mmトゥイーターとパッシブラジエーターも備え、サウンドが360度に広がる設計を採用する。外形寸法は約160W×140H×160Dmmで、質量は約320g。USB Type-Cを備え、約2時間の再生が可能。コーデックはSBCに対応。