合同会社地球世界は、水月雨(MOONDROP)ブランドのBAドライバー搭載イヤホン新モデル「S8」を、3月19日より発売。オープン価格で、税込99,900円前後での実売が予想。


スポンサーリンク


▶ 【最大10,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ
▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく


片耳あたり、低域に2基/中域に4基/高域に2基のBAドライバーを搭載する3ウェイ/8BA構成。

各帯域のBAドライバーにはそれぞれ異なるメーカーのものを採用しているのが特徴。

低域はSonion社の「Sonion 37シリーズ」を搭載。中域には独自開発のカスタマイズBAドライバー「Softears D-MID-B」を搭載。高域にはKnowles社の「Knowles SWFK」を搭載。

低域ドライバーの筐体背面にポートを設ける、中域用にブランド独自の音場再現技術「VDSF」を採用、内部配線に6N OCC線と銀入りハンダを採用するなどの工夫もポイントです。

再生周波数帯域は20Hz~20kHz、インピーダンスは16Ω、感度は122dB/Vrms(@1kHz)。付属ケーブルは4N OFCリッツ線と3.5mmステレオミニプラグを採用し、2pin端子でイヤホン本体から着脱が可能。

海外価格(699ドル)より高いとか、同じMOONDROPの4BA+1DD機・Blessing 2が気になるといった意見が見られます。なお、MOONDROPは海外では8BA構成のイヤホン・A8(669ドル)をすでに発売しており、本機はその関連モデルと言えるようです。

モデルによってはデザイン性やカラーリングにもかなり凝っているメーカーですが、S8とA8では、8BAながら小型筐体で装着感も良好、という設計を狙っているようです。