グーグルのワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」。その第3世代モデルの準備が進んでいるようです。同機種と思われる製品が、Bluetooth利用製品のデータベースに登録されているのが発見されました(上写真は現行の第2世代モデルです)。

Bluetoothの認証機関であるBluetooth SIGに登録されたのは「G1007」「G1008」という2つのモデルナンバーです。これはイヤホンのバージョン違いのようにも思えますが、同種の製品から予測すると、イヤホン本体と、付属バッテリーケースのモデルナンバーであるとが想定されます。

また、データベースの登録製品名が「Google Pixel bud」であることからも、これが次期Pixel Budsであることはほぼ間違いありません。

ただし詳細に関してはほとんど情報がない状態。Bluetooth 5.0に対応していること、そして製造元が中国Bestechnicであること以外は判明していません。

さて、Pixel Budsは2017年に第1世代モデルが、そして2019年に第2世代モデルが発表されました。その特徴はグーグルのソフトウェア技術をフルに活かした、リアルタイム翻訳機能やアシスタント機能です。
第1世代モデルは、左右ユニット間をケーブルで接続したタイプでしたが、第2世代モデルでは左右間もケーブルレスとなり、いわゆる完全ワイヤレスイヤホン仕様へと進化しています。




スポンサーリンク


▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ
▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく


















第2世代モデルもまだ日本発売されていません。
左右一体型の第1世代のみ発売中。