images


「秋のヘッドフォン祭2019」Astrotecからは、静電型ドライバー2基とダイナミック型ドライバーを組み合わせたハイブリッドイヤホン「Phoenix」が出展。ハウジングにローズウッドを使用し、フェイスプレートはアルミ合金とチタン。Phoenixは年内に8万円前後で発売予定としています。


スポンサーリンク


■□【2019/12/6(金)9:00から2019/12/9(月)23:59まで】今年最後のビッグセール■□ Aamzonサイバーマンデー
セール会場はこちら

▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ

▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく


音質はよいが、アンプにかなり駆動力が必要そうである、という感想が目立ちます。価格について、結構高額になりそうな雰囲気を感じている向きもあったようですが、現在の高級イヤホン業界的には特に高すぎはしない部類。

音量と音質でうまくマッチするポータブル機器を用意するほうが大変そうです。

なお、Astrotecからは、インナーイヤー型イヤホン新モデル「Lyra Nature」(リラ ネイチャー)が、11月16日より発売。オープン価格で実売2万円前後です。

新型の15mm ベリリウムダイナミックドライバーを搭載するとともに、“Lyraシリーズ” を象徴する技術「マイクロ多孔質フィルター」を採用しているのが特徴。新たにMMCX端子によるケーブル着脱にも対応しているのもポイント。

再生周波数帯域は10Hz - 40kHz、インピーダンスは32Ω、感度は110dB/mW。