EAH-TZ700
パナソニックは、新生テクニクス(Technics)ブランドで初となるイヤホン「EAH-TZ700」を、11月15日に発売。価格は12万円。

基本的な内容は、海外発表時の記事ですでにご紹介しています。
Technics EAH-TZ700 ブランド初のイヤホンはD型1基で約14万円!2.5mm径バランス接続対応!

磁性流体を用いた新開発のダイナミック型「プレシジョンモーションドライバー」と名付けられた独自内容が特徴です。よほど音質に自信があるのか、大変シンプルなデザインなのもかえって目を引きます。

バランス接続は2.5mm径と、ソニー陣営(というか海外のDAPではもはや主流)とは異なる規格を選択しているところに、伝統の?ソニー対松下の図式が想起されます。

といっても、今のパナソニックがソニーをむやみに意識しているのではないでしょう。なにしろ今年、SACDプレーヤーを出したくらいですから。



スポンサーリンク


▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ

▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく
















※まだ通販での販売サイトがありません。パナソニックを代表するイヤホン・RP-HJE150を挙げておきます。


テクニクスと言えば、レコードプレーヤーのSL-1200シリーズ。最新機も発売されたばかり!