Astell&Kernなどを扱うアユートは、AZLAブランドのイヤホン新製品・「ZWEI(ツヴァイ)」を9月13日に発売。オープン価格で実売価格は3.5万円程度。


スポンサーリンク


■□【2019/12/6(金)9:00から2019/12/9(月)23:59まで】今年最後のビッグセール■□ Aamzonサイバーマンデー
セール会場はこちら

▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ

▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく


ブランドとしては初のBA型のみで構成されるイヤホンで、フルレンジで2基のBAユニットを使用。Knowles社製造のBAドライバーユニット「GQ-30783」を搭載。また、オープン型のチャンバーハウジングと密閉型のアウターハウジングの二重構造によりエアフローを調節、広いサウンドステージと遮音性を両立する独自技術「Infinity sound Technology」を採用。チャンバーハウジング自体も「Acoustic Sound Chamber+」として改良。

イヤーピースは、788人分の外耳道を分析したデータを元に、医療用LSRシリコンで成形したブランドオリジナル「SednaEarfitLight」を付属。

MMCX規格でのリケーブルに対応。プラグはストレート型の2.5mm 4極バランス端子で、3.5mmステレオミニ変換ケーブルも付属。

再生周波数帯域は8Hz~40kHz、インピーダンスは38Ω(1kHz)、感度は110dB、THD+Nは94dB SPL 0.1%。質量は20.5g(ケーブル含む)。

なお、同時にプラグ変換アダプターも発売。「2.5mmバランス→3.5mmステレオミニ」「2.5mmバランス→4.4mmバランス」「4.4mmバランス→2.5mmバランス」「4.4mmバランス→3.5mmステレオミニ」の4モデルで、いずれも3,280円前後での実売を想定。

さて、イヤホン業界が
により、揺れ動いている中で、本機はKnowles製BAドライバー使用を明記するという、実にタイムリーな?アピールをしています。

ただ、Knowles社製造のBAドライバーユニット「GQ-30783」を2基搭載、と間違った情報をいったん発表するというミスを犯してしまいました。実際には「GQ-30783」はBA2基とネットワーク回路を搭載したモジュールの為、単に「GQ-30783」を搭載、という表記になります。

イヤホンメーカーが使用しているBAユニットのメーカーや型番を明示する義務はないようですが、今回の件で、各メーカーは慣例として表示する方向に向かうのでしょうか?