FitEar TO GO! 335


須山歯研は、中国広州で開催されていた国際耳機展に合わせて、FitEarブランドのユニバーサルイヤホン「FitEar TO GO! 335」を発表。日本では10月以降の発売を予定し、オープン価格で実売19万円前後が想定。



スポンサーリンク


▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ

▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく

3ウェイ/3ユニット/5ドライバー(低域×2、中低域×2、高域×1)構成のマルチBA型イヤホン。「MH335DW」をベースとして、ドライバー構成はそのままにユニバーサル化したモデル。

高域用ユニットに接続された純チタン製ダイレクトHFチューブと、低域および低中域用のユニットにも独立したポートを与える特許取得のステム構造をさらに進化させた「オーバル3Wayステム形状」を採用したことが特徴。本機ではさらに楕円断面形状ステムを採用。耳穴サイズ/形状の適用範囲を拡大するとともに、カスタムと同様に厚みがあり広大なレンジを持つ再生音を実現したと謳っています。

FitEar独自の技術である、音導管構造に楕円断面を採用したオーバル3Wayステムにより、カスタムとモデル同様に、各ユニットごとに独立した音導孔を用意。これによりユニット間の干渉を排除。また、耳穴形状を考慮した新外形ステムは、ユニバーサルタイプながら個人ごとに異なる様々な耳に幅広くフィットするとしています。
ケーブルは着脱式で、同社のケーブル「FitEar cable 013」が同梱。ペリカンケース、クリーニングブラシ、イヤーチップセット、メッシュポーチ、ケーブルクリップが付属。