IE_80S_BT_

ゼンハイザージャパンは、ネックバンド型のBluetoothイヤホン「IE 80S BT」を9月12日から発売。オープン価格で、60,500円前後での実売が想定。



スポンサーリンク


▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ

▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく


同社のイヤホン上級機「IEシリーズ」の音質をワイヤレスで実現するというのが主要なアピールポイント。型番や見た目的にもIE 80 Sをワイヤレス化したようなイヤホン。

IEシリーズをベースとしつつ、さらに旭化成エレクトロニクス社のD/Aコンバーターを採用することで、IEシリーズの音質をBluetoothでも実現したと謳っています。

Bluetooth 5.0に対応し、コーデックはSBC、AAC、aptXに加え、ハイレゾ相当の伝送を行えるaptX HD、低遅延を実現したaptX LL、さらにファーウェイ製対応機器によるハイレゾ相当伝送も可能な高音質コーデック HWAにも対応。1.5時間の充電で、6時間の使用が可能。USB-Cの充電用ケーブルが付属。「Sennheiser Smart Control」がMOMENTUM True Wirelessと同様に使える模様。

ダイナミック型ドライバーを搭載し、周波数特性は10Hz?20kHz。感度は110dB(1kHz/0dBFS)。本体質量は約32g。

イヤーピースはシリコン/ラメラ/コンプライがそれぞれS・M・Lの3サイズを同梱。

なるほど、見た目はIEシリーズで(IE 80S)、有線モデルとの価格差を考えると、相応の高音質を求めたくはなります。

また、イヤホン部が着脱可能なのかも気になります。独自規格だとしても、有線イヤホンとしても使えるかは、IE 80Sがベースとなると重要だと思いますが。海外の情報を見ても、どうやら着脱は不可なようです。そうならばちょっと残念です。