ミックスウェーブは、米64 AUDIOの新製品として、世界で500台限定生産の「Fourte Noir」(フォルテ・ノワール)」と、同モデルに64 AUDIOのオーナーであり、チーフサウンドエンジニアでもあるVitaliy Belonozhko(ヴィタリー・ベロノシュコ)氏のサインを印字した、日本向け10台限定「Fourte Noir "Signature Collection"」を8月30日に発売。価格はどちらもオープンで、実売予想価格はどちらも421,000円前後。



スポンサーリンク


▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ

▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく


フラグシップモデル「tia Fourte」の技術を踏襲しながら、Fourte Noirは特別な筐体設計を採用しているのが特徴。

また、銀素材を含んだムンドルフ製のハンダを使い、内部回路の電導率を改善。ダイナミック型ドライバーを再チューニングしたことで、低周波成分を大きく改善し、低域の質をtia Fourte以上に仕上げたとしています。

筐体の素材には、堅牢なアルミニウム素材を使用。上品で、真新しい外観を実現するため、特許取得中という、本物の銅で作られたフェイスプレートを配しているのもポイント。この銅製のフェイスプレートは、「人間の指紋と同じように、一つ一つが異なる」としています。

ハイブリッド構成の4ドライバー使用で、低域用のダイナミック×1、tia Mid×1、Mid/High×1、tia High×1で構成。tia Driverは、バランスドアーマチュア型ドライバー(BA)をベースとし、音導管を使用せず、独自のチューブレス設計を採用しているのが特徴。ドライバーから発信される本来の音を直接、耳まで届けられるというもので、64 AUDIOの高級イヤホンではおなじみの技術。

筐体の構造は、Fourte Noirに採用された特別な4基のドライバーの為に最適化。アコースティック・チャンバー技術をtia Fourteから踏襲。耳の疲労を引き起こしたり、更には過度に鼓膜へ負担を掛ける事で難聴につながるリスクを引き起こす、空気圧をコントロールするApexモジュールも採用。

再生周波数特性は5Hz~22kHz、インピーダンスは10Ω。感度は114dB(tia Fourteと同じ)。

また、大変に高級なイヤホンが登場。「tia Fourte」を買ったような人が、また買い足したりするのでしょうか。