コペックジャパンは、中国・Cayin(カイン)製のイヤホン「YB04」を8月16日に発売。価格は59,940円(税込)。カラーはガンメタルグレー。


スポンサーリンク




記念すべきCayin初のイヤホン。バランスド・アーマチュア(BA)ユニット4基を搭載したマルチドライバー型。

Knowles製BAを2基、Sonion製BAを2基搭載するクアッド・バランスド・アーマチュアシステムを採用。CNC削り出しのアルミ製ノズルとハウジング、8芯で構成される銅と銀合金の高品質ハイブリッドケーブルを備え、「むやみに原音を強調することなく、原音の良さを活かす自然なサウンド」を楽しめるとしています。

ケーブルは着脱式で、端子は0.78mmの2ピン。プレーヤー側の接続端子は金メッキのステレオミニ。 ケーブル長は1.3m。

周波数特性は18Hz~40kHz、インピーダンスは30Ω、感度は113dB(1kHz±2dB)。イヤーピースや専用ケース、ケーブルクリップ、クリーニングブラシなどを同梱。

CayinはDAPメーカーとして現在は確固たる地位を築いています。当然それらのDAPとのベストなマッチングがはかられているでしょう。第一弾にしては強気な価格にも見えますが、そういう背景もあって、十分な勝算があると考えているのでしょう。