HIFIMAN JAPANは、平面駆動型ヘッドホン2機種を3月22日に発売。いずれもオープン価格で、実売予想価格は、「Arya」が183,600円前後(税込)、同社ベストセラーモデルを一新した「HE5se」が69,231円前後。


スポンサーリンク






「Arya」はヘッドホンでは初という“薄さナノメーター”の振動板を採用。また、平面型ドライバーの、耳に向いている側が小さい非対称型のマグネットを採用しているのが特徴。耳に自然にフィットするという非対称のイヤーカップを採用。

周波数特性は8Hz~65kHz、インピーダンスは35Ω、感度は90dB、重量は404g。ケーブルは交換可能で、付属ケーブルのプラグはヘッドフォン側が3.5mm、音声入力側は標準端子。

「HE5se」は「HE5」の改良版。薄さナノメーターの振動板を新たに備え、空間の再現力などを高めているとしています。

ヘッドバンドも軽量化。長時間でも快適に装着できるように調整の幅を広くしています。イヤーパッドは人工皮革とメモリーフォームを採用。ケーブル端子も新設計。負荷を減らすため10度の傾斜を設け、ヘッドホンとケーブルを長時間確実に接続できるとしています。

周波数特性は20Hz~35kHz、インピーダンスは40Ω、感度は92dB、重量は387g。