GRADO_GS3000e


ナイコムは、GRADO製のヘッドホン「GS3000e」を3月15日より順次発売。標準プラグ入力のモデルが19万9,000円で3月15日発売、XLR入力のバランス駆動対応「GS3000e balanced」が22万2,000円で4月上旬発売。


スポンサーリンク





中央アメリカ産のココボロ材を採用したオーバーイヤー開放型ヘッドホン。GRADOは過去にもヘッドホン「GH2」やアナログレコード用カートリッジのフラッグシップ「Epoch」などでココボロ材を使っていましたが、大型ハウジングモデルでココボロ材を使うのは初めて。

「GRADOが製造した中でも最高級の木製ハウジング」で、「これまでの製品群で最もリッチなサウンドを生み出す」としています。

50mm径のシグネチャーダイナミックドライバーを採用。使用木材に合った慎重なチューニングを施しているとしています。再生周波数特性は4Hz~51kHz。感度は99.8dB。インピーダンスは32Ω。 重量は約470g。

ヘッドバンドは側圧調整板内蔵本皮貼。付属品はモデルによって異なり、通常の「GS3000e」はステレオ標準-3.5mmミニ変換ケーブル、長さ約4.5mの延長ケーブルが付属。バランス対応の「GS3000e balanced」は上記のケーブルに加えて、4ピンXLR-ステレオフォン変換ケーブルが付属。

GRADOにはさらなる上位でフラグシップとなる「PS2000」(実売約37万円)とそのバランス接続版がありますが、メープル材の内部ハウジングを、合金製の外部ハウジングで覆っているのでハウジング素材や構造が結構違うので音も違うでしょう。

ソニーが20万円のイヤホンを、ウルトラゾーンが40万円のイヤホンとヘッドホンを同時発表したばかりですので、価格面でのインパクトは特にないくらいになっています。

他との比較はさておき、同社だけの唯一無二のサウンドが好きな人は多いようですので、最上位よりは大幅に買いやすい高級機でもあるので、案外売れるのかもしれません。