ソニーの新フラグシップイヤホン・IER-Z1R。約20万円という価格もあって、イヤホン愛好家だけでなく、幅広い層に話題になっています。

本日、3月6日には早速、ソニーストア銀座で試聴機が展示開始。イヤホンやポータブルオーディオ愛好家の方々が多数詰めかけ、実機の音を確かめました。その感想が早くもおもにツイッター上に上がっているので、できるだけご紹介します。


スポンサーリンク




そこから見えてくるのは、音質、装着感について絶賛というよりは、それほどの驚きではない印象。音質についてはこれ見よがしな音作りをしていないからかもしれません。すでにより高額なイヤホンも複数販売されている現状も影響しているのでしょう。

装着感については音や価格とは関係なく重要な要素ながら、否定的な意見があるのは残念。どうしても大掛かりな構成を持つ高級イヤホンではこのあたりが難しいのでしょうか。

いずれにしてもブランド力のあるソニーだけに、マイナーな海外ブランドや国内のJVCの競合機以上の販売数は達成しそうです。

本機の詳しい内容、仕様についてはこちらでご紹介済みです。