MSB_DiscreteDAC

アクシスは、米MSB Technology製DAコンバーター「Discrete DAC」を3月より発売。価格は145万円で、カラーはシルバーとブラック。


スポンサーリンク





最大384kHz/32bitのPCMと11.2MHzのDSD再生に対応したUSB入力対応単体DAC。13年発売のDAコンバーター「Analog DAC」の後継機。

同社DACシリーズのフラッグシップ「Select DAC」(1,230万円)や、「Reference DAC」(540万円)にも搭載されている新技術“ハイブリッドDAC”の基本コンセプトとアーキテクチャーを継承しつつ、ブランドにしては手頃な価格を実現したモデル。

ハイブリッドDAC技術を利用した新しいPrime DACモジュール2基の搭載でナチュラルな音楽再生を目指したとしています。ハイブリッドDAC技術は独自のディスクリート・サインマグニチュード方式をベースにしたラダー型DA変換回路。

ユーザーが必要な入力端子をカスタマイズできるプラグインモジュラー方式を採用しているのも特徴。独自インターフェイス「PRO ISL」(18万円)や、DSD 256/PCM384kHz/MQAなどに対応するUSB入力(29万円)、RoonやMQAに適応しネットワークオーディオを実現するレンダラー(35万円)などのオプション端子が搭載できます。オプション端子は2系統。

アナログ出力はバッファーレスでPrime DACモジュールからダイレクトに取り出す低インピーダンス完全バランス回路を採用。マスタークロックには、フェムトセカンド・クロックテクノロジーをカスタマイズした「超低ジッター・マスタークロック」を搭載。

電源はMSBらしく別筐体。低ノイズ・アナログ・リニア方式の電源回路構成の「Desktop Power Supply」で、安定かつクリーンなDC電力をデジタル系、アナログ系に独立供給します。

標準搭載のデジタル入力は、同軸RCA、AES/EBU、光デジタル×2の計4系統。この他、BNCワードシンク出力、XLRアナログ出力を用意。1dBステップのボリュームコントロールを搭載。出力インピーダンスは30Ω。

外形寸法は、本体/電源共に432×305×68mm(幅×奥行き×高さ)。重量は本体が9.5kg、電源が2.5kg。リモコン付属。

このブランドとしては安いといっても一般的には高価です。それでも、この価格で高度なオーディオ愛好家でも満足できる音が出せるのであればやはり安いと言えると思いますが。プリアンプなしでも使えるのも合理的。耳の肥えた方の感想が欲しい注目機でしょう。

それにしても、最近のDACは「ディスクリート」「ラダー型」に関するトピックが増えているような。PCM音源のネイティブ再生への回帰が見られるようです。MSBはこれに以前から取り組んでいたのは重要でしょう。