音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


オーディオ機器の世界的人気メーカー「BOSE(ボーズ)」。1964年設立当初は主にスピーカーを手掛けていましたが、1980年代以降はヘッドホンやイヤホンにも進出しており、その卓越した技術と音質チューニングの巧みさは現代においても継承されています。

そこで今回は、ボーズのイヤホンおすすめ人気モデルをご紹介。なお、同メーカーは周囲の騒音を低減してクリアなサウンドを再生する「ノイズキャンセリング機能」が優秀と評判なので、気になる方はその点もしっかりとチェックしてみてください。



スポンサーリンク



ボーズ(Bose)の特徴

ボーズの全体的な特徴

index


By: amazon.co.jp

ボーズの特徴は、数多くの特許を含む独自技術を駆使した製品開発です。例を挙げると、コンパクトなボディでも豊かな低音を可能にする「アクースティマス技術」、コンサートホールのような響きを再現する「ダイレクト/リフレクティング理論」など。製品への評価は高く、一般用だけでなく、業務用や公共用機器としても幅広く使われています。

ヘッドホン・イヤホンにおいては、世界初のノイズキャンセリング技術を1989年に開発したことが特筆すべき点でしょう。発売以来、常に時代の最先端を行く技術によって、業界トップクラスの騒音低減効果を維持しているのが大きな強みです。

ボーズのイヤホンの特徴

614noXK85RL._SL1000_


By: amazon.co.jp

Boseのイヤホンについては現在主流のカナル型ではなく、装着感はよいものの音漏れの多いインナーイヤー型に近い独自形状が中心なのが特徴です。これにより、装着性・音質・音漏れの少なさのいずれをも満たすのがボーズのイヤホンの長所でもあります。

また、最新トレンドにもいち早く順応。近年のBluetoothイヤホンの隆盛、スポーツ向けイヤホン市場の拡大にも対応しています。たとえば、AirPodsの登場で急激に活気づいている「左右独立完全ワイヤレスイヤホン」も早い時期にリリースしました。

ボーズがおすすめな理由

聴き心地がよく自然なサウンド

61FvD4ILO4L._SL1000_


By: amazon.co.jp


ボーズはどのようなオーディオ製品においても、多くの人にとって聴き心地がよく自然なサウンドを志向しています。そのため、多くのメーカーが重視する物理的特性の数値にはこだわらず、聴感でのチューニングを重視しているのが特徴です。

ほとんどのメーカーでは大きな売りとなる主要物理スペックの非公開を貫いているのも大きな特徴であるとともに、数値などなくても音だけで勝負できるという自信の裏返しとも言えます。

ボーズ製品のサウンドポリシーは測定値の優秀さとは一線を画した、人間が聴いて心地よい音。ボーズはスペックを気にせずに音楽を愛する人におすすめできるメーカーと言えましょう。

人に優しい多機能性と使いやすさ

ボーズは使いやすさの面でもおすすめ。たとえば、ソニーのように多機能とはいきませんが、豊富な機能を誰でも簡単に使いこなせるように配慮がなされています。そして、得意のノイズキャンセリング型では他の追随を許さないほどの完成度です。スマホアプリとの連携といった現代的機能もしっかり装備しています。

多くの点で人にやさしいのがボーズがおすすめの理由。余計なことを考えずにイヤホンで音楽を存分に聴きたい方にはボーズがぴったりです。

ボーズのイヤホンおすすめ人気モデル

ボーズ(Bose) QuietControl 30 wireless headphones

boseqc30


ボーズのイヤホンのなかでも代表的なモデルです。Bluetoothによるワイヤレス接続とノイズキャンセリング両方に対応した高性能機。ノイズキャンセリングの元祖らしい強力な騒音低減能力が特徴です。左右のイヤホンに搭載された合計6個ものマイクを使って騒音を分析し、逆位相の音波を発生させることで打ち消します。


さらに、使用シーンに合わせて外部の音を取り込む度合いを調節できる「可変ノイズキャンセリング」機能を搭載。路上では周囲の音を拾って安全性に配慮したり、仕事中は一切周囲の音を取り込まずに集中したりと、周囲の状況に合わせて使い分けられるのがメリットです。

ネックバンド式の装着法のため長時間使用しても疲れにくいのもポイント。機能をフルに使っても10時間程度はバッテリーが持続するので、長時間の移動にもおすすめです。

ボーズ(Bose) 完全ワイヤレスイヤホン SoundSport Free wireless headphones

71l-fGURjLL._SX425_


ボーズ初の左右独立完全ワイヤレスイヤホンです。新たなアンテナシステムを搭載し、完全ワイヤレスイヤホンで起こりやすい左右間の通信の途切れを防ぎます。

独自のデジタル信号処理技術による音質チューニングと、音量を最適に調整するイコライザーによって、有線イヤホンや通常のBlueoothイヤホンでも好評だった自然なサウンドバランスを実現。

独自のシリコン製「StayHear+Sportチップ」は、しっかりフィットする安定感と快適な装着感を両立しています。アプリ対応の新機能「Find My Buds」を使えば、最後に使用した場所を教えてくれるので紛失時にも安心です。IPX4の防水性を備え、スポーツ使用にも向いています。イヤホンの新しい時代を拓く意欲作です。

ボーズ(Bose) ノイズキャンセリングイヤホン QuietComfort 20

6162wKNVC7L._SL1500_


ボーズの技術が詰まったノイズキャンセリングイヤホンです。もちろん業界最高クラスの騒音低減効果も備えています。ワンタッチで周囲の音も聞くことが可能な「Awareモード」も便利です。

本体に設けた穴によって豊かな低音を再生させる「TriPortテクノロジー」や、独自の音質補正機能「アクティブ・イコライゼーション」による自然なサウンドが魅力。独自の「StayHear+チップ」によるカナル型とは異なる快適な装着感もポイントです。

ボーズ(Bose) ワイヤレスイヤホン SoundSport wireless headphones

61rZgKcYTmL._SY606_


エクササイズ向けのワイヤレスイヤホン。汗や雨の侵入を防ぐ複数のアコースティックポートと、撥水性の高い生地を採用することで、高い防滴性能を備えています。

シリコン素材と独自形状で耳に柔らかくフィットする、独自の「StayHear+Sportチップ」を採用。柔軟性のあるウイング部分も装着時の安定感を高め、運動時の激しい動きでも外れにくく、長時間使用でも快適な使用感が持続します。もちろん、ボーズならではの高音質なのでスポーツ時以外にも音楽鑑賞用にもおすすめです。

ボーズ(Bose) イヤホン SoundSport in-ear headphones

513fovXbgTL._SX425_


ボーズのイヤホンとしてはシンプルでリーズナブルなモデル。快適な着け心地と高い安定性を両立する「StayHearチップ」による、カナル型とインナーイヤー型の中間のような装着感と高音質が手軽に楽しめます。

実績のある「TriPortテクノロジー」も搭載し、低音域にも十分対応。防滴性も備えるので屋外でのスポーツ使用にもおすすめです。便利に使いたいならスマホ用マイク付きリモコン機も選べます。iPhone用とAndroid用に分かれていることにはご注意ください。手に取りやすい価格なので、ボーズのイヤホンのエントリー機としてもおすすめです。

ボーズ(Bose) ワイヤレスイヤホン SoundSport Pulse wireless headphones

61bOHISmpEL._SY606_


SoundSport wireless headphonesをベースに、耳から心拍数を測定する機能を加えたエクササイズ用特化モデル。「StayHear+Sportチップ」とウイングによる快適な装着性・防水性は基本モデル同様です。

BluetoothのプロファイルはA2DP・HFP・AVRCPと幅広く対応し、NFC機能も備えるのでスマホとのペアリングも簡単。ハンズフリー通話や音楽操作も可能です。専用アプリ「Bose Connect app」にも対応し、各種機能と情報にスマホからアクセス可能。

なお、別途アプリを用意することで心拍計機能をさらに活用できます。心拍数を用いたトレーニングを行いながら音楽も聴きたい方に一石二鳥の便利さでおすすめです。音楽用途のみには機能面でもったいないかもしれません。

ボーズ(Bose) SoundTrue Ultra in-ear headphones

51nbAEo0NDL._SX425_


独自開発の超小型高性能ドライバーと密閉型ハウジングを採用したコンパクトな有線イヤホン。独自の円錐形状イヤーピース「StayHear Ultraチップ」は高い遮音性と外れにくさを兼ね備えます。

インナーイヤー型の設計を中心にしてきたボーズがリリースしたカナル型のモデル。従来よりも音楽に没入できる深い装着感が魅力です。豊かで密度感の高いサウンドが本製品の特徴。防滴仕様により、スポーツ時の使用にもおすすめです。


現在は入手困難なようなのは残念。ボーズにしては超小型で遮音性も高いというメリットがあっただけに、後継新モデルも期待したいところです。

まとめ

便利で多機能なモノからシンプルな高音質機まで、ボーズのイヤホンは幅広いラインナップがあります。どの製品にも独自の哲学を反映させているボーズだけに、目的さえはっきりしていればそれに合った製品が見つかるはずです。ただ、音質のみを重視するモデルとなると他に選択肢はあるかもしれません。ボーズの最大公約数的なサウンド、使い勝手の絶妙さが幅広いユーザーに世界中で支持される所以でしょう。


※オーディオ製品はスペックだけでその音質を計ることは困難ですので、購入する際は店頭で試聴するなど自分の耳で確認することを強くおすすめします。各所での音質レビューも参考程度にするのが無難。また、イヤホン、ヘッドホンの類は装着感の個人差も大きいので、そのあたりのチェックも大事です。


Boseをamazonでレビューを見る
Boseを楽天市場で見る
BoseをYahoo!ショッピングで見る
Boseをヤフオク!で探す


メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ハイレゾFLAC無料ダウンロード
メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 DSD 無料ダウンロード
ベートーヴェン 交響曲第6番 「田園」 DSD 無料ダウンロード


スポンサードリンク



おすすめ記事

コメント

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ