snext-final-d6000

フジヤエービック主催のイベント「ポタ研2019冬」。S’NEXTは、自社finalブランドから平面駆動ドライバー搭載イヤホン「D6000」を出展。

マグネシウム筐体の平面磁界型イヤホン。「非常に軽くて装着しているのを忘れてしまうほど。オープン型なので音楽再生中に話しかけられても気づくことができる。『究極のながら聴きイヤホン』というコンセプトで、2018年の秋に開発中であることを発表していたモデルの音の出る試作機が初めて披露された形。価格は10〜12万円ほどになる見込みとしていました。

平面駆動型だけでも珍しいですが、耳掛け式というのも現在のイヤホンとしてはかなり珍しいもの。すでに多くのイヤホンを楽しんでいるイヤホン愛好家向けという印象はあります。唯一無二の存在感を確立できれば、finalのブランドイメージさえも変えるほどのインパクトを持つモデルに大化けするかもしれません。いろいろな意味で楽しみなモデルと言えるでしょうか。



スポンサーリンク