SP1000M_Gold
アユートは、Astell&Kernのハイレゾプレーヤー「A&ultima SP1000M」の限定モデル「SP1000M Gold」を1月18日より発売すると発表。日本国内は200台の限定販売。直販価格は369,980円(税込)。

既存機のSP1000M(直販価格299,980円)がベース。オリジナルではアルミニウムだったボディを、純度99.7%の金メッキコーティングを施したブラス(真鍮)に変更。内蔵ストレージ容量は128GBから256GBとなっています。付属の本革ケースもLa Perla Azura製から、Badalassi Carlo製のレザーケースに変更。本革を砂漠をイメージしたSabbiaに染色した後、ワックス加工を施しています。

そのほか、内容、仕様などはSP1000Mと同じ。

筐体素材が変われば音質が変わるのは常識なので、本機もオリジナルとは違うのが当然で、「ポタフェス2018冬」での披露時にも音質の違いを感じ取っている人が多数でした。

安いものではないので、本モデルをメインにするような使い方になるのででしょうが、いきなり本モデルを買う人もそうはいないでしょうから、やはりある程度以上に高級DAPに通じているユーザーが買うことになるのでしょう。



スポンサーリンク