かねてより発売を予告していたS'NEXT・自社ブランドの新イヤホン「E1000」を11月30日に発売すると発表しました。オープン価格で予想実売価格は2,480円前後。本体カラーはBLUE、RED、BLACKの3色。

今や同ブランドイヤホンを代表するEシリーズに加わった最エントリーモデル。上位のE2000などとは異なり、金属筐体ではなく、ABS樹脂筐体にするなどコストを下げながらも、高級機で培った技術も投入した意欲作となっています。

この価格帯のユーザー層を想定して「いつもよりもPOPSやROCKを多く参考にして、チューニングを行なった。はじめての本格イヤホンとして手にとっていただきたい、finalが提案する新しいエントリー機」としています。

6.4mmのダイナミック型ドライバーユニットを搭載。独自のイヤーピーススィングフィット機構を採用し、左右軸色違いのオリジナルイヤーピースを同梱。筐体はABS。感度は102dB/mW、インピーダンスは16Ω。重量は15g。本体直出しケーブルは長さ1.2mで、柔軟で太めのオリジナルケーブルを採用。

10月27日~28日に東京・中野サンプラザで開催された「秋のヘッドフォン祭 2018」でも試聴展示され、大変多くの感想がツイッター上に上がっていて、注目度の高さを表しています。しかも、多くの感想が音質に関して大変評価が高く、エントリークラスのハイコスパイヤホンに新たな名機が誕生したと言えそうです。

この価格でいくら音が良くても、ソニーやオーテク、JVCといった大手メーカー、あるいはアマゾンを席捲する格安中国メーカーのどちらに対抗するにも、なかなか難しいのではないかという厳しい見通しを示す人もいます。本機の成否は、中小イヤホンメーカーの今後を左右する大きなポイントになるかもしれません。



スポンサーリンク