アユートは、「ACTIVO(アクティヴォ)」のハイレゾプレーヤー「CT10」と、セガのゲーム機・セガサターンのコラボモデルを11月22日に発売。

直販価格は44,800円(税込)。取り扱いは直販サイト アキハバラe市場および、アニメイトオンライン、e☆イヤホン、ゲーマーズ、ビックカメラ、フジヤエービック、ヨドバシカメラ。

カラーは、初期型グレーの「ACTIVO CT10 セガサターン」と、後期型ミストグレーの「ACTIVO CT10 セガサターンシロ」を用意。各色限定500台。

パッケージもセガサターン仕様のオリジナルデザインで、セガサターンの名作ゲーム楽曲の音源(44.1kHz/16bit)がプリインストール。カラーによってプリインストールされる楽曲が異なります。

  • ACTIVO CT10 セガサターン グレー
    01セガサターン起動音(作曲:SEGA)
    02「GAME START」(Virtua Fighterより)
    03「Super Sonic Racing」(Sonic Rより)
  • ACTIVO CT10 セガサターン シロ(ミストグレー)
    01 セガサターン起動音(作曲:SEGA)
    02「檄!帝国華撃団」(サクラ大戦より)
    03「DREAMS DREAMS」(NiGHTS into dreams...より)

ベースモデルのACTIVO CT10についての詳しい内容、仕様についてはこちらでご紹介済みです。
ACTIVO CT10 価格39,980円で4月27日発売!試聴感想もご紹介!

今回の製品については、面白い、欲しいという意見も多くありますが、思っていたのと違った、ミニセガサターンが良かったという意見もあります。思っていたよりも高いというのもあります。

思っていたよりも高いというのは当然で、ベースモデルは4万円と、一般的なライトユーザーからしたらDAPにしては高い範疇でしょうから。また、ごく一般からしたら「ACTIVO(アクティヴォ)」?となるのも普通です。韓国iriver関連ブランドと言えばわかる人も増えるでしょうが、iriverが今、Astell&Kernブランドで高級DAPを展開していて、本機にもその技術を投入していることなどは広くは知られていないでしょう。

だからといって、この限定数では特にiriverのDAPの知名度を上げるためでもなく、純粋にセガサターンが好きで記念品的に買う人向けと考えられます。

個人的にはセガサターンは持っていなかったので思い入れはありませんが、藤岡弘、さんのCMのインパクトはよく覚えています。



スポンサーリンク