i-dio HQ


VHF-Low帯を利用した放送サービス「i-dio」(アイディオ)は、地上波放送初となる“ハイレゾ級”音声による放送「i-dio HQ」を、7月23日より関東・甲信越ブロックで開始する。開始に先立ち、東京・ベルサール秋葉原で7月14日~15日に行なわれる「ポタフェス2018 SUMMER」で先行体験できるブースを用意する。

CD(44.1kHz)を超える高解像度な音声はデータ量が多いが、新しいi-dio HQは、高域を低域から生成するという「SBR技術」を採用。サンプリング周波数96kHzのHE-AACフォーマットで「ハイレゾに迫る地上波最高音質の放送」としている。




スポンサーリンク
















※不可逆圧縮音声なのにハイレゾ?という疑問を持っている人もいて、懐疑的な見方もされるようですが、おそらくMD同様の原理によって、聴こえない小さな音をカットしてデータ量を減らすのでしょう。MDでもそうでしたが、これだと24bit/96kHz相当のデータでもCDくらいのデータに収めることができるはずです。MQAも似たような原理なのではないでしょうか?

ダウンロード販売でこうした手法を使うよりも、こうしたラジオやストリーミングで使う分には有用だと思いますが、普及するには遅すぎたでしょうか?