独特のデザインと長時間再生が特徴のDAP、コウォンのPLENUE Vの国内発売が決定しました。オープン価格で予想実売価格34,800円です。

また、当初はDSD再生に対応していないと発表していましたが、最大でDSD128(5.6MHz)のネイティブ再生に対応することになりました。初回生産分については発売に合わせてダウンロード提供される最新ファームウェアへのアップデートを行うことでDSDネイティブ再生に対応します。

基本的な内容と仕様についてはこちらでご紹介済みです。

背面や下部が斜めにカットされたような“ステルスデザイン”を採用していることが大きな特徴で、ハイレゾ(96kHz/24bit FLAC)再生時で27時間、128kbpsのMP3なら約41時間という長時間再生可能なのも魅力。当初はDSD非対応ということで、どうかな?と思いましたが、ともかくDSD対応、それもネイティブ再生ということで悪くない選択になりそうです。

折しも、韓国アイリバーからも画面が斜めという特徴的な外観のDAP・SR15もほぼ同時に国内発表されていて、DAPは形でアピールする時代になったというのは言い過ぎでしょうか。






スポンサーリンク