FBR-UT2000
船井電機は、FUNAIブランドより、同社初となる4K Ultra HDブルーレイ(UHD BD)に対応したBDレコーダー“UTシリーズ”「FBR-UT2000」「FBR-UT1000」を7月14日に発売。チューナーはいずれも3波トリプル。FUNAIブランドの製品は、ヤマダ電機グループが独占販売を行います。

UHD BD対応・3チューナー搭載
・「FBR-UT2000」(容量2TB)¥OPEN(予想実売価格55,800円前後)
・「FBR-UT1000」(容量1TB)¥OPEN(予想実売価格49,800円前後)

UHD BD再生に対応。地上デジタル放送やBDソフトを4K/60pへアップコンバートしての再生にも対応。4Kビデオカメラで撮影した4K動画(MP4)の保存・再生もサポート。HDRの再生も可能ですが、Dolby Visionには対応していません。画質調整機能も備え、ジャンルや好みに合わせて、スタンダード/ダイナミック/ナチュラル/ナイト/シネマ/アニメ/ドラマの7モードから選べます。

ハイレゾ音楽ファイルの再生にも対応し、WAV・FLAC・ALAC・DSD5.6MHzの再生が可能。

ユーザーがよく選ぶジャンルや番組名、繰り返し見る番組などをAIが分析・学習して自動的に録画する「AI録画」に対応。時間帯を指定し、チャンネルをまるごと録画する「こだわりまるごと録画」機能も用意。USB HDDの増設にも対応、SeeQVault対応HDDへの直接録画が可能。IEEE 802.11a/b/g/n/acの無線LAN機能とLAN端子を搭載。

HDMI出力×2系統、光デジタル音声出力×1、SDカードスロットを装備。

外形寸法は430×260×49mm(幅×奥行き×高さ)で共通。重量はFBR-UT2000が2.95kg、FBR-UT1000が2.75kg。

なお、UHD BD非対応のBDレコーダー“HTシリーズ” “HWシリーズ”の4機種も合わせて7月14日より発売されます。

BDレコーダーも普及しきらないまま下降線、もはや円盤メディアの未来についても明るいとは思えず、UHD BDの普及は厳しそう。とはいえ、今回の2機種は内容の割には安いのは確かですが、ライトユーザー層がターゲットの商品としてはやはり難しいような気はします…。



スポンサーリンク