オーディオイベントに出展され、正式発表が待たれていたTTR株式会社のAr:tioブランドのイヤホン新製品「RK01」。

6月23日からe☆イヤホン各店舗およびフジヤエービックにて発売と決定。価格は29,160円前後での実売が予想されます。

独自技術を搭載しオーバーヘッド型ヘッドホンのような音場を再現するというイヤホン「CU1」に続くモデル。

新たに6kHz付近の音の再生を抑制するという特許技術「SkIS」と、LRのばらつきを抑え緻密な音場表現を可能にするという特許出願中の「s.n.a」技術により、定位感と低歪みの自然な高域再生を実現したというのが特徴。

ドライバーは、10mm口径のダイナミック型ドライバーを搭載。本体は、ボディとフロントハウジングにチタン合金を採用。削り出し加工が施されています。再生周波数特性は20Hz - 20kHz、出力音圧レベルは109dB SPL/mW、最大入力が200mWで、インピーダンスは18Ω。

ケーブルはMMCX対応の着脱式。付属ケーブルは、3.5mmステレオミニ、2.5mmバランス、4.4mmバランスの3種類を用意。いずれもケーブル長は1.2m。また、イヤーチップはSpinFit(L/M/Sサイズ)が付属。

「CU1」同様、“半永久保証”の対象。有償保証・無償保証どちらも製品の生産完了まで回数無制限で保証するとしています。