バリュートレードは、補聴器のように周囲の音を聞きやすくする機能を備えたNuheara(ニューヒエラ)の完全ワイヤレスイヤホン「IQbuds(アイキューバッズ)」を6月末に発売。価格は39,880円。

独自の「SINC(スーパーインテリジェントノイズコントロール)」技術により、外の音を取り込んで騒音を減らしつつ人の声を聞き取りやすくする“聞こえサポート”が可能。一般的なノイズキャンセリング機能とは異なり、外の音と人の声の音量バランスを調整するものです。

iOS/Androidアプリから調整や各種設定が可能で、家で家族との会話時に適する「Home」など、7種類のプリセットから周囲の環境に合わせて選べます。

BAドライバー1基と、MEMSマイクを左右に搭載し、NFMI(近距離電磁誘導)を採用して左右の安定接続を実現。接続はBluetooth 4.2で、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。コーデックはSBCのみ対応。

内蔵バッテリー容量は100mAhで、連続使用時間は音楽再生が約4時間、聴覚補助機能が約8時間。付属ケースで3回充電できます。

なお、自分の聴覚に合わせてイヤホンから出る音を最適化できる「Ear ID」対応の上位機種「IQbuds BOOST」も8月末より発売予定。価格は58,800円。IQbuds BOOSTはaptXや低遅延のaptX Low Latencyにも対応。