pro iDSD
トップウイングサイバーサウンドグループは、英iFi-Audioの真空管搭載USB-DAC/プリアンプ/ヘッドホンアンプ「pro iDSD」を7月14日に発売。価格は36万円。

バーブラウンのDSD 49.152MHz(DSD 1024)対応クアッドコアDACを搭載し、Crysopeia FPGA Digital Engineを用いたDSD 1024アップコンバートが可能なことが大きな特徴。

MQA再生にも対応。DSDとPCM(368kHzまで)は、デジタルフィルターとアナログフィルターが利用可能。アナログ出力段は真空管またはICから選択可能なことも特徴。複数台接続によりマルチチャンネルにも対応。

入力はUSBのほか、AES3(XLR)や同軸/光デジタルのコンボ、BNCを装備。出力はXLRバランスとRCAアンバランス、標準ヘッドホン出力を装備。XLR/RCA出力は固定または可変に設定可能。

ネットワーク再生も可能で、ワイヤレスでDLNAやAirPlay、有線接続でハイレゾ音源の再生も可能。

外形寸法は220×213×63.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1,980g。

手頃な価格でも高音質が売りのメーカーですので、これでもブランド最上位のDACです。どうやらDSD 1024アップコンバートが価格の理由の多くを占めていそうです。また、真空管出力も。ここまでハイスペックのアップコンバートが必要なのかも不思議に思います。ただ、ここでの技術を下位機種に活かした新機種が出るなら歓迎です。商品電力が最大500Wと通常のDACではありえない数値なことには注意してください。



スポンサーリンク