Red Magic


中国ZTE傘下のNubiaは19日(現地時間)、同社初となるゲーミングスマートフォン「紅魔(英文名:Red Magic)」を発表。

4月25日に中国で発売され、中国での販売価格は、LPDDR4Xメモリ8GB+UFS 2.1ストレージ128GB版が2,999人民元(約5万1千円)、銅メモリ6GB+ストレージ64GB版が2,499人民元(約4万3千円)。

https://shop.nubia.com/active/redmagic.html

ゲーミングに特化した製品デザインやソフトウェア機能などが特徴。SoCには1世代前のSnapdragon 835(最大2.45GHz、Adreno 540 GPU)を採用。

ディスプレイは、JDIが本機のために特別に用意したという1,080×2,160ドット表示対応の5.99型で、最大500cd/平方mの輝度、84.86%の全面画面占有率。また、タッチのレイテンシーを抑えるために、タッチコントローラもカスタム品となっています。映像のディテールや色再現性を高める技術や、DTS Sound+SmartPAによる低音強化技術も採用し、優れた視聴体験を実現するとしています。

中央のラインは1,670万色の発光が可能なLEDストライプとなっていて、自分の好きな色にカスタマイズしたり、ゲーム中の効果に合わせて光らせたりすることができる機能もいかにもゲーミング向け。

ちなみにイヤホンジャックはちゃんと搭載されています。ゲーミング用ですからここは絶対でしょう。

ZTEはAndroidスマホを今後販売できるかさえ危ぶまれる状況。これが同社最初で最後のゲーミングスマホになるかもしれません。



スポンサーリンク



OS:RedMagic OS(Android 8.1 Oreoベース)
ディスプレイ:5.99インチ(2160 × 1080・JDI製液晶・最大輝度500cd/㎡)
プロセッサ:Snapdragon 835
RAM:6GB / 8GB LPDDR4X
ROM:64GB / 128GB UFS2.1
カメラ:背面2400万画素(f/1.7)、前面800万画素
オーディオ:DTS Sound+SmartPA、イヤホンジャック
通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth5.0、LTE、3G、2G
対応周波数:FDDLTE(1/3/5/7/8/20)、TDLTE(34/38/39/40/41)、WCDMA(1/2/5/8)
SIMスロット:Nano×2
ポート:USB Type-C
バッテリー:3800mAh(独自の高速充電 NeoCharge 紅魔版)
その他:指紋リーダー(背面)
サイズ:158.1 x 84.9 x 6.8~9.5mm / 185g
カラバリ:ブラック、レッド

関連記事

米連邦通信委員会(FCC)、HuaweiとZTEの通信機器を規制!「安全保障上の懸念」  2018年04月19日

アメリカ、中国ZTEへの製品販売を禁止!高音質スマホもピンチ!  2018年04月17日

「Razer Phone Special Edition」が米Amazonで発売、日本直送にも対応  2018年03月12日