ハーマンインターナショナルは、JBLのGoogleアシスタント搭載スマートスピーカー「JBL LINK 300」と「JBL LINK 500」を4月28日に発売。

いずれもオープン価格で、実売予想価格はJBL LINK 300が24,480円前後、JBL LINK 500が39,880円前後。カラーはブラックとホワイト。

Google アシスタントを搭載した据え置き型のスマートスピーカー。高音質志向のスマートスピーカーという位置づけで展開。

'17年に発売した「JBL LINK 10」と「JBL LINK 20」はバッテリー内蔵のポータブル型だったのとは異なり、据え置き専用タイプ。

LINK 300/500のいずれも、20mm径ツイーターと89mm径ウーファーによる2ウェイシステムと、パッシブラジエーターから構成。JBL LINK 500は、同ユニットを2ペア搭載し、ステレオ再生に対応。

Chromecast built-in搭載を搭載するため、SpotifyやGoogle Play Musicなどのサービスをスマートフォンから再生可能。Wi-Fiを経由しての96kHz/24bitでのハイレゾ再生も行えます。またBluetoothスピーカーとしても使えます。

これまでもJBLのスマートスピーカーはモノラルながらもWi-Fiを経由しての96kHz/24bitでのハイレゾ再生に対応するなど、唯一ともいえる高音質を備えていました。それでもモノラルでした。

そこに、今回初めてのステレオスピーカー仕様が登場。国内発売されているスマートスピーカー業界でも初ではないでしょうか?

ただ、かなり高価なので、購入ユーザー層は限られるとは思います。