ソニーは、スポーツ向けのネックバンド型Bluetoothイヤホン2モデルを4月28日に発売。いずれもオープン価格で、実売予想価格はデジタルノイズキャンセリング(NC)対応の密閉型「WI-SP600N」が19,000円前後、NC非対応の開放型「WI-SP500」が9,000円前後。

カラーは両機種ともブラック(B)、ピンク(P)、イエロー(Y)、ホワイト(W)の4色。BluetoothのコーデックはSBCとAACに対応。スマホのハンズフリー通話に対応するほか、ボイスアシスタント機能も呼び出せます。汗や雨などから守るIPX4防滴性能を備えます。

WI-SP600NはBluetooth 4.1対応でNC機能を搭載。周囲の音も聞けるアンビエントサウンド(外音取り込み)モードも利用できます。

スマートフォンアプリ「Sony|Headphones Connect」でNC機能などの設定が可能。アプリからの操作で「ノイズキャンセリングモード」、人の声にフォーカスして取り込む「外音取り込み ボイスモード」、「外音取り込み ノーマルモード」を手動で選択可能。

アプリではイコライザや、音質モードの切り替え、再生楽曲の操作なども可能。さらに、「クイックサウンドセッティング」も搭載。あらかじめ音質/モードを設定しておくと、NCボタンの2度押しですぐにその設定を呼び出せます。

6mm径のダイナミック型ユニットを搭載。量感のある重低音を正確なリズムで再現するというEXTRABASSサウンド機能を搭載。低音重視のサウンド傾向となります。

重量は約21g。連続再生時間は最大6時間。充電時間は約1.5時間。ロングタイプのハイブリッドイヤーピースSS/S/M/Lサイズと、装着性を高めるアークサポーターのM/Lサイズが付属。充電用のマイクロUSBケーブルが付属。

同時発表の防滴完全ワイヤレスイヤホンWF-SP700Nと、耳を塞がずに、外音を聞きながら使える完全ワイヤレスイヤホン Xperia Ear Duo XEA20の影に隠れてしまった感があります。

全体的にはWF-SP700Nと似ていますが、AACコーデックにも対応する点やバッテリー持続時間などは、まだ左右が繋がっている機種の有利性があります。



スポンサーリンク