CW250D

フォステクスは、音楽再生向けのサブウーファー新機種「CW250D」を4月上旬に発売。価格は11万円。“音楽専用”というCWシリーズのアクティブサブウーファー新機種で「CW250B」(2016年・¥100,000)の後継機。

ウーファーユニットは25cm径で、内蔵アンプの最大出力は300W。エンクロージャーは密閉型。

動特性を改善するために新設計のPWMアンプを採用。電源部を強化、コンデンサーの大型化により瞬時電源供給能力を高め、連続した超低域の再現性を改善したとしています。アンプを構成する部品を細部まで見直し、SN感を向上させたというのも改良点。

BKPパルプとケブラーの混抄による高剛性振動板と、1.1テスラの強力磁気回路、特殊ボイスコイル(MFB 検出コイル)を使用。「5弦コントラバスの最低音である32Hzを完璧に再生し、パイプオルガンの16Hzまでもほぼ再生できる能力を持つ」としています。

バッフル板には2種類の特性の異なる材料として、18mmのCE合板(楠木/ユーカリ合板)と15mm MDFを再合板して剛性と内部損失を両立。その他の部分には共振を分散し付帯音が少ないMDF(18mm)を使用しています。

遅延を改善するため、振動板の動きを入力信号と同期させるモーショナル・フィードバック(MFB)を掛けています。

ローパスフィルタのクロスオーバー周波数は40Hz~140Hzの連続で可変。クロスオーバーポイントの遮断特性は、最も自然に合成されるという12dB/oct.に設定。270Hz以上の不要帯域は36dB/oct.で遮断。

入力端子は、ライン入力とサブウーファー入力、スピーカー入力を備え、ラインとスピーカーのスルー出力も各1系統装備。ステレオ用に左右独立して使用するのも簡単です。

消費電力は50W(無信号時11W)とD級アンプならではの省電力。外形寸法は340×394×360mm(幅×奥行き×高さ)、重量は19.5kg。RCAケーブル(3m)やスピーカーケーブル(3m)、ACケーブルなどが付属。

製造コストの上昇に苦しんでいるフォステクスですので、本機も価格アップ。それでも音質向上を謳ってはいるので、それが確かなら買う価値は十分にあるとは思います。これでも音楽再生専用として高額すぎない手頃なサブウーファーの領域にはまだ留まっていると言えましょう。



スポンサーリンク



引用元: ・ナイスなサブウーファー13【サブウーハー】

http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1496579134/
663: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/04/02(月) 15:12:04.64 ID:XAtgM1TU0
フォステクス、超低域の再現性を高めた音楽専用サブウーファ「CW250D」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1114810.html


664: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/04/02(月) 17:58:38.12 ID:CyDVuKO40
でた


665: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/04/02(月) 19:51:23.82 ID:gjLjLVIr0
なんだかどんどん見た目が


666: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/04/02(月) 20:26:54.45 ID:/nzv4MMi0
最近絶不調なフォステクスらしい、CPが前モデルに比べて低下したシロモノになりそうだなぁ。
品質下げて価格を上げるわけのわからん戦略、いい加減やめてほしい


667: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/04/02(月) 21:58:29.26 ID:aaUj2tP90
ハッピーターンも30枚が27枚になったからな