経営の苦境が伝えられていたギブソン。
ギブソン、倒産する可能性があることが報じられる!

オンキヨーの株を持っているだけにオーディオ愛好家にとってもその後の動向が気になる話題でしたが、ついに、というかギブソンは保有していたオンキヨー株式会社の株式をすべて売却。その保有割合はオンキヨーの発行済株式総数の0.00%(3,600株)となりました。

ギブソンは2012年1月、オンキヨーが第三者割り当てによる新株式と新株予約権を発行したことに伴い、オンキヨーの約824万株の新株式と5,000個の新株予約権を取得。第二位の株主として資本参加していました。

ギブソンがどこにこの株を売ったのかも気になりますし、オンキヨー(とパイオニアとティアック)の経営、オーディオ機器の開発、販売はどうなってしまうのか。気になるどころではなく大いに心配です。



スポンサーリンク