TY-AK1
東芝エルイートレーディングは、Aurexブランドの新製品として、カセットでもハイレゾ相当の音質を再現できるというCDラジカセ「TY-AK1」を3月下旬に発売。オープン価格で予想実売価格は27,000円前後。

CD、USBメモリ再生、カセットデッキ、ラジオなどを備えたCDラジカセ。カセットテープの再生音も含め、様々なソースの音質を、ハイレゾ相当の周波数帯域と高解像度音源に変換するアップコンバート機能を備えているのが最大の特徴。

ハイレゾ対応となる40kHz以上の再生が可能なスピーカーも搭載。アンプ出力も40Wと強力。外形寸法は、350×218×126mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約3kg。

SDカードスロットとUSB端子も搭載。USBメモリやSDでカードに保存した、192kHz/24bitまでのFLAC、WAVファイル再生も可能。さらに、カセットテープの再生音を、MP3の192kbpsでSDカードやUSBメモリに録音可能。CDやラジオなどの音を録音する事も可能。

カセットデッキは、ノーマルテープに加え、ハイポジションテープ(TYPEII)の再生にも対応。

ヘッドホン出力、ステレオミニのライン入力に加え、3.5mmのマイク入力も用意。カラオケを楽しむ事もでき、マイクボリューム、エコー、ボーカルダウン機能も備えています。

スピーカーは、6.4cm径ウーファーと、2cm径ドームツイーターによる2ウェイで、出力は20W×2ch。

なお、カセットデッキの代わりにBluetooth受信とUSB-DAC機能を備えたTY-AH1も発売。こちらの予想実売価格は22,000円程度です。

東芝エルイートレーディングの本機の発表会において、興味深い話が出ています。
「当社はこのポータブル音響の分野で、国内市場50%のシェアを持つトップメーカー。海外でも、北米、欧州、アジア圏などで事業展開を行なっており、そこでは日本では売っていないトゥルーワイヤレスイヤフォンや、ゲーミングヘッドフォン、屋外で迫力のサウンドが楽しめるパーティースピーカーなども扱っている。これらの製品は、やがて日本でも発売したいなと考えている」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1111002.html
なんと、東芝は海外では完全ワイヤレスイヤホンを発売していたとは。しかも日本発売も考えていることもわかり驚きです。

いずれにしろ、いろいろと心配される東芝ですが、なぜかCDラジカセやポータブルCDプレーヤーは好調なようです(他に力を入れているメーカーが少ないことも大きく影響しているでしょうが)。

カセットテープの音をハイレゾ化して聴かせるというのは確かに他にはない特徴ですが、ラジカセレベルのオーディオを求めている人にうれしい機能なのかよくわかりません。ただ、様々なソースをハイレゾ化できるのは他社にもあり、意味はあると思います(アルファ・プロセッサーなど)。

本機はCDラジカセとして見れば、CDラジカセ全盛期には無かった高効率大出力のデジタルアンプ、超高域再生可能なスピーカー、24bit/192kHz対応DAC搭載など、なるほど当時とは異なる高音質が聴けそうな内容。そこにハイレゾ化プロセッサーも加わると、どんな音になるのでしょうか?



スポンサーリンク