EarStudio
フリーウェイは、aptX HD対応でバランス駆動も可能なBluetooth入力対応ヘッドホンアンプ「EarStudio」の発売に向けた資金集めを実施中。その製品展示を「パソコン工房 AKIBA STARTUP」(東京・秋葉原)でスタート。展示期間は4月30日までを予定しています。

目標金額は100万円ですが3月8日時点ですでに200万円を超えています。標準価格は16,800円、先着で24% OFFの13,980円で販売する支援コースなどを用意。製品発送は5月中を予定。

EarStudioは、Bluetoothレシーバーとポータブルヘッドホンアンプを一体型に組み合わせた製品。高音質コーデックのaptX HDにも対応しているのが特徴。対応するスマートフォンやDAPなどと連携し、48kHz/24bitのハイレゾ相当で音楽をワイヤレス伝送できます。外形寸法は約30×53×15mm、重量は約20g。

ヘッドホン出力として、ステレオミニ(アンバランス)に加えて2.5mm 4極バランス出力も備え、イヤフォン/ヘッドフォンのバランス駆動ができるのも大きな特徴です。

「CSR 8675」チップと、旭化成DAC「AK4375A」2基を搭載し、Radsone独自のDualDriveテクノロジーでDACとアンプを独立して駆動。2.5mmフルバランス出力に対応する。さらに、「DCT(Distinctive Clear Technology)」でデジタル音源のノイズ削減やジッタ除去を行ない、音源のアップコンバート再生で音質向上も図ります。48kHz/16bit対応のUSB DAC/ヘッドホンアンプとしても使えます。

iPhoneやAndroidスマートフォン向けに「EarStudio」アプリを用意し、イコライザ機能などで音質調整等が行なえます。

Bluetooth 4.2準拠で、コーデックはaptX HDの他にSBC/AAC/aptXもサポート。対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。出力レベルはバランス時が6.4Vpp、アンバランス時が3.2Vpp。

内蔵バッテリ(350mAh)の連続再生時間は約14時間。

ワイヤレス機としてはLDACにも対応して欲しかったとか、USB-DACとしてはハイレゾ(少なくとも24bit/96kHzには)に対応して欲しかったなどがありますが、aptX HDで聴く分には十分な内容。マニアックな内容とは思いますが、必要な資金は集まったようで何よりです。他社からも同様の製品が続々出るということもないでしょうか?

なお、同様の製品はなんとソフトバンクからすでに出ています。「Astell&Kern for SoftBank SELECTION XHA-9000」がそれ。aptX HD対応でバランス駆動も可能なBluetoothアンプという点では同じですが、ワイヤレス専用。USB接続もできる点ではEarStudioのほうが有利です。