フィギュアスケートの羽生結弦選手がフリープログラムで使用した曲を収録したアルバム『オリジナル・サウンドトラック「陰陽師」コンプリート』のダウンロード数が、音楽配信サイト「mora」で急上昇。前週比50倍を記録している。

羽生選手のフリースケーティングプログラム『SEIMEI』で使用されている楽曲は、映画「陰陽師」「陰陽師II」のサウンドトラックから、「陰陽師・メインテーマ」「荒ぶる神」「日美子と須佐」「一行の賦」「日美子残影」「五芒星」「陰陽師IIメインテーマ」の7曲を使用したメドレー。この7曲を収録しているのが、『オリジナル・サウンドトラック「陰陽師」コンプリート』だ。

作曲は梅林茂氏によるもので、“和”を感じさせながらもモダンな雰囲気も感じさせる楽曲は、2月17日(土)の羽生選手のフリープログラム演技終了後から徐々にダウンロード数が増加。ソチに続く2大会連続の金メダル獲得を成し遂げた後は、テレビで羽生選手の演技が放映されるたびに着実に順位を上げ、現在(2月19日)もダウンロード数を伸ばしているという。

https://www.phileweb.com/news/d-av/201802/20/43337.html

1: muffin ★ 2018/02/18(日) 19:38:06.23 ID:CAP_USER9
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/18/kiji/20180218s00041000339000c.html
2018年2月18日 18:57
 平昌五輪男子フィギュアスケートで、五輪男子66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦(23=ANA)の“お気に入り”ソングが、音楽配信サイトで注目を集めている。

 金メダル獲得から一夜明けた18日、羽生は日本オリンピック委員会(JOC)の公式インスタグラムに登場し、“試合前に聞く音楽は?”という質問に、羽生は「ONE OK ROCKの完全感覚Dreamerと和田光司の風」と前向きな歌詞が好きなことを明かした。

 ONE OK ROCKの「完全感覚Dreamer」は、主要音楽配信サイト「レコチョク」「LINE MUSIC」内で上昇。フリーの「SEIMEI」で楽曲が使われた「陰陽師・メインテーマ」も「iTunes」内でランクインしている。

 和田さんは99年4月にテレビアニメ「デジモンアドベンチャー」の主題歌「Butter―Fly」でメジャーデビューした歌手。羽生が曲名として挙げた「風」は「デジモンテイマーズ」の挿入歌だった。和田さんは上咽頭がんを患い、16年に42歳という若さで死去した。

引用元: ・【平昌五輪】羽生結弦“お気に入りソング”音楽配信サイトで上昇 「ONE OK ROCK」「陰陽師」や和田光司さんの名も

http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518950286/