エミライは、FiiOのハイブリッド型イヤホン「F9」、「F9 PRO」、「FH1」の3モデルの発売時期を2月中旬に決定。いずれもMMCXリケーブル対応で、2.5mm 4極バランスケーブルを同梱。価格はオープン。e☆イヤホンやフジヤエービックでは、F9を14,580円(税込)で予約を受け付けています。F9 PROは、e☆イヤホンが20,840円(税込)、フジヤエービックが20,844円(税込)。FH1は、e☆イヤホンが11,120円(同)、フジヤエービックが11,124円(同)。

FH1は「自然な高域表現を実現する」というKnowlesのBA「33518」と、10mm径のチタン製ダイナミック型ユニットを各1基搭載したハイブリッド型。再生周波数を40kHzをクリアしたハイレゾ対応。MMCXリケーブルや2.5mm 4極のバランスケーブルも標準で同梱。

イヤーピースは、低域強化用にチューニングしたものと、帯域バランスのとれたリファレンスの2種類を用意し、小、中、大の3サイズを用意。防水ケースが付属。

店頭試聴も開始され、少しずつ感想も入ってきていますが、バランスの良さ、聴きやすさ、完成度の高さといった面で上位をも凌駕しているような感想も見受けられます。

FiiOは自社製DAPを多く擁しているだけに、それらとのマッチングのよいハイコスパイヤホンとして注目できましょう。



スポンサーリンク