アスクは、米AUDEZEの平面駆動型ヘッドホン「LCD-2」の外観を変更し、大幅に低価格化したという新モデル「LCD-2 Classic」を2月16日に発売。価格はオープンで、店頭予想価格は79,800円前後。

2009年に発売された「LCD-2」を、現在のAUDEZEの技術を駆使して復刻したのがLCD-2 Classic。LCD-2は実売10万円台前半で販売されているものですが、LCD-2 Classicは約79,800円前後と大幅に低価格になっているのが特長。

外観は大きく変更されており、LCD-2ではリング部に木材を使っていたところ、LCD-2 Classicでは特殊なナイロン樹脂素材に変更。ヘッドバンドをサスペンション機構付きの軽量な素材に変更し、イヤーパッドには長時間の使用でも疲れにくいという形状記憶素材を採用。音質は変えないようにしてうまくコストダウンした形。さらに、パッケージに付属していた頑丈なトラベルケースを省く事でも安くしています。

音質面は、「LCD-2を目指した音作り」としており、全く同じとはしていません。AUDEZE独自の平面磁気技術と大型で超薄型の振動板を採用。「オリジナル版のLCD-2の空気感、解像度を守りながらも、オリジナル版よりもわずかに暖かい音」としています。

再生周波数特性は10Hz~50kHz。最大出力は130dB、15W。インピーダンスは70Ω。感度は101dB/1mW。ケーブルは1.9mのアンバランスタイプが付属。

オリジナルLCD-2は2012年に発売。2014年には型番そのままでマイナーチェンジ。独自の「Fazor Technology」を採用したことで、ドライバーの駆動能率が向上し、周波数特性が改善されるとしていました。ただ、本機ではこの技術が反映されていないという情報もあり、要確認事項です。

一般的には高いのですが、ヘッドホン愛好家にはそれほど高くない、安いとさえ思えるような印象。そういう点ではうまい商売だと思います。ポタ研2018冬にも出展されているのですが、感想があまり見当たらないのは気になります。