CES2018。B&O PLAYはワイヤレスヘッドホンの新モデル「H9i」「H8i」を発表。それぞれ従来モデル「H9」「H8」の後継機で、アクティブノイズキャンセル機能を搭載。製品名の「i」は、individual/independent/innovativeなどを指し、革新的で他とは異なる自分らしさを持つといった意味合いが込められているとのこと。

価格はH9iが499ドル、H8iが399ドルで、日本での発売は2月上旬を予定。H8iについてはH8よりも内容を抑えた低コスト版ではないかという見方もあり、そこが気になるならH8を急いで買われたほうがいいかもしれません。




引用元: ・B&O ヘッドホン イヤホン Bang&Olufsen

http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1439520747/
790: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/01/08(月) 15:48:22.70 ID:w8W5gLTP0
アマゾンでH8が22525円になってるな
いい加減底値か




791: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/01/10(水) 06:07:20.57 ID:SAd6mssN0
H8iが発売されたな


792: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/01/10(水) 07:19:05.50 ID:FqaowieW0
H9iもだけどな


793: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/01/10(水) 08:05:08.49 ID:wR7nFgaf0
どう変わったんだろうね


794: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/01/10(水) 09:46:27.67 ID:BkQQl2/X0
H8:499ユーロ
H8i:399ユーロ

コストダウンVer


796: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/01/10(水) 10:56:57.59 ID:q63P+5e30
https://www.theverge.com/2018/1/9/16867630/beoplay-h9i-h8i-headphones-price-release-date-specs-ces-2018
B&O Playの新しいH9iおよびH8iワイヤレス缶は、バッテリ寿命とデザイン性を向上USB-C充電も!

CES 2018のワイヤレスヘッドフォンニュースのトレントは、私の個人的なハイライトの1つに続いています。
B&O Playは、H8オンイヤーとH9オーバーイヤーワイヤレスヘッドフォンを新しい、より長持ちするモデルでアップデートしています。
H8iとH9iは、「正確さ、パワー、ディテールであなたを圧倒するように設計されている」と大胆に宣言してサウンドは再調整されました。

新しいH9iには、同じ縫い目の牛革レザーヘッドバンド、陽極酸化アルミニウムの耳のカップ、そして泡の入ったラムスキンのパッドがあります。
しかし、それは充電のためのUSB - Cへの切り替えで2つの大きな改善を行います そして、それは18時間の新しい評価でバッテリーから4時間以上プレイタイムを得る。
デザイン面では、耳のクッションはタッチスリムになり、外観の美しさも更新されました。しかし、CESで初めてH9iを試してみると、私は大きな違いを感じませんでした。
H9は私がテストした最も快適なヘッドフォンの一部であり、後継者は非常に似ています。B&O Playには、より強力で最適な低音再生のためのベースポートも追加されています。
H9iとH8iの両方にノイズキャンセリング機能が組み込まれており、今年のエディションは人間の声の特定の周波数範囲で改善されました。したがって、
キャンセルするノイズが他の人の場合は、このアップグレードが特に重要になります。
no title


797: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/01/10(水) 10:59:47.65 ID:q63P+5e30
私がH9について好きではなかったタッチコントロールは、H9iにも戻ってきましたが、強化されています。
ジェスチャーで新しい透明性モードにアクセスし、音楽やNCをオフにして、周囲の世界を聞くことができます。
ヘッドフォンをオフにしたときにH9iが自動的に音楽を一時停止できるように、近接センサーが追加されました。
純粋に音声通話品質を向上させることを目的とした新しいモデルには、追加のマイクもあります。

オン・ザ・イヤーH8iは、外では小さく、内面ではより大きなバッテリーを持っています。
H8iには1100mAhのセルがあり、固定されており、交換することはできませんが、
H9iには770mAhのバッテリーがあり、これをユーザーがスワップアウトすることができます。

だから、B&O Playは消費者であるリムーバブルだが小さなバッテリーや固定式で長持ちするものをあなたに与えてくれる。
H8iは、前世代のH8モデルのバッテリ寿命を2倍にし、アクティブノイズキャンセレーションとBluetoothをオンにして賞賛に値する30時間の使用に達しました。
2つのモデルのもう1つの違いは、BeoPlay H8iには両耳のカップに物理的なボタンコントロールが付いていることです。
このように、透過モードは、H8iのジェスチャーではなくクリックでアクセスされます。
同じ近接センサ技術と改良された通話品質は、この小さなモデルの特徴です。
BeoPlay H9iとBeoPlay H8iの販売は1月25日からH9iでは499ドル/ 499ドル/ 449ドル、H8iでは399ドル/ 399ドル/ 349ドルとなります。
あなたは黒または自然な黄褐色のいずれかでそれらを持つことができます。


813: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/01/14(日) 00:27:49.22 ID:glq7MpLJ0
https://www.beoplay.com/en/products/beoplayh8i#techspec
H8iは、aptX非対応、タッチコントロール無し、バッテリー交換不可、デザインはH4似。


H8の後継機というより、劣化版かね。
上記に魅力を感じるなら、値段が下がった今のうちにH8を買うのがいいかも。
いつ絶版になるか分からないからね。
H9iも、aptXには非対応。