Qutest
CES2018において英Chord Electronicsは、新しい据置型のDAC「Qutest」を発表。英国では1,195ポンド(約18万円)で発売予定。カラーはブラック。


バッテリー内蔵の「Hugo 2」向けに開発された、独自のFPGAをQutestも搭載。Hugo 2を据え置き化したようなモデルで、位置付けとしては「2Qute」の後継機種。

CHORDELECTRONICS USB-DAC 2QUTE

FPGAはカスタム仕様のザイリンクス製Artix 7(XC7A15T)。デジタルデータからフィルターをかけてアナログ信号に戻す工程で、正確なアナログ波形に戻すために、独自のFIRフィルター「WTAフィルター」を使用。タップの長さは、Hugo 2と同じ49,152。10素子パルスアレイ設計を採用。

入力端子はUSB、同軸×1、BNC同軸デジタル×2、光デジタル×1を装備。USB接続時は、PCMが768kHz/32bit、DSDが22.4MHzまでサポート。同軸も768kHz/32bit、光デジタルは192kHz/24bitまでの対応。

出力はRCAのアンバランス×1系統。ヘッドホン出力はなし。アンバランス出力は1、2、3V RMSから選択可能。

外形寸法は160×72×41mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は770g。筐体は新規設計で、2Quteと比べて重量がアップ。素材は航空機用のアルミビレットを使い、それを精密加工してシャーシとしています。

据え置きDACとしては高価すぎないミドルクラス機。バッテリー駆動による良さからあえて屋内でもバッテリー駆動でHugo 2を使っていた人にはむしろ魅力は後退しているかもしれません。

ただ、電源はmicroUSB端子からの供給。ということは工夫次第でまたバッテリー駆動はできますね。そうなるとヘッドホンアンプの省略が気になりますが…。


Chord Electronics ヘッドホンアンプ・DAC Hugo 2