『AVレビュー』誌や『季刊・オーディオアクセサリー』誌をはじめオーディオ&ビジュアル専門誌で健筆をふるった評論家の貝山知弘氏が、1月7日、都内の病院で亡くなった。84歳だった。通夜は1月12日(金)午後6時、葬儀は1月13日午後14時、神奈川県鎌倉市御成町3-5 カドキホールで執り行われる。喪主は貝山弘子さん。葬儀等の問い合わせは、カドキホール TEL 0467-24-4455まで。


貝山氏は早稲田大学卒業後、東宝に入社。東宝とプロデュース契約を結び、13本の劇映画をプロデュースした。代表作は『狙撃』(1968)、『赤頭巾ちゃん気をつけて』(1970)、『化石の森』(1973)、『雨のアムステルダム』(1975)、『はつ恋』(1975)。独立後、フジテレビ/学研製作の『南極物語』(1983)のチーフプロデューサーを務めた。

その一方で、オーディオおよびAV評論家としても活躍。アンプの自作から始まったオーディオ歴は50年以上。映画製作の経験を活かした映像論評は、家庭における映画鑑賞の独自の視点を確立した。

弊社主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」の審査委員長を2017年まで、30年にわたって務めた。また、同主催「オーディオ銘機賞」の審査員も長年務めた。

https://www.phileweb.com/news/d-av/201801/09/43016.html






※映画プロデューサーならではの視点でオーディオとビジュアルの両方の評論で活躍された方でした。芸術論への造詣の深さから来るであろう哲学的な文章も織り交ぜながら、いわゆるオーディオポエムにならずにオーディオ機器の音質、性能をわかりやすく伝えてくれた評論は稀有なものでした。

数少ないピュア・オーディオマルチチャンネルの実践者としての側面も忘れられません。オーディオサイト以外の報道では「映画プロデューザー」としてしか紹介されていないのは残念です。それだけ「南極物語」の成功は大きかったとも言えます。

心よりご冥福をお祈りいたします。