KATANA-AIR

ローランドは、現地時間の9日から米国ラスベガスで開催されるCES2018において、BOSSブランドの新製品でギターとワイヤレスで接続できるギターアンプ「KATANA-AIR」を発表。Bluetoothスピーカーとしてスマートフォンなどと連携もできます。

4月に濃くない発売し、オープン価格で実売43,000円程度の見込み。

ギター専用に設計されたワイヤレス・トランスミッターと、ギターアンプのセット。送信機をギターに接続する事で、ギターとアンプをワイヤレス接続した上で、すぐに演奏できるとしています。また、BOSSの独自技術を用いる事で、遅延を抑えた超低レイテンシーな再生を可能にしていることも売り。

外形寸法は、350×144×181mm(幅×奥行き×高さ)で、電池を省いた重量は2.2kg。テーブルトップサイズながら、ステージ用の大型アンプ同様の本格的な音色と弾き心地を得られるという“KATANAアンプのサウンド”を実現。ツマミ操作でゲイン、ボリューム、マスターに加え、3バンドでの音色調整も可能。高品位なエフェクトも搭載し、工場出荷時には6つのプリセット・サウンドを装備。「ブルース、ジャズからハードロックまで、幅広い演奏に対応する」としています。

専用アプリを使い、スマートフォン/タブレットからの音色調整も可能なのも特徴。

ワイヤレス接続はBluetoothなので、BluetoothスピーカーとしてさまざまなBluetooth送信対応機と使えます。アナログの音声入力、AUX入力、ステレオミニのヘッドホン出力、レックアウト、USB端子などを備えています。通常のアクティブスピーカーとしても使えます。

7.5cm径でステレオ仕様のカスタム・スピーカーを備え、最大30W出力を実現。「クリーンな音色から激しい歪みまで、ギターをダイナミックに表現する本格的なアンプ設計」になっているとしています。電池駆動も可能で、その場合は出力が最大20W。アルカリ電池を使った場合の持続時間は約7時間。

これが世界初の完全ワイヤレス・ギターアンプとは意外。技術的にはそれほど難しくないものですが。需要があまり無かったということでしょうか。ギターアンプというより、ギターアンプとしてのデザインを生かしたBluetoothスピーカーの1種と考えたほうがいいのでしょうか?にしてはエフェクト機能もありますし、やはり結構本気なのでしょうか。