マクセルは、グラフェンコート振動板を採用したハイレゾ対応イヤホン「Graphene」シリーズのスタンダードモデル「MXH-GD50」を12月15日より発売。価格はオープンで、実売予想価格は5,000円前後。
上位機種「MXH-GD300」などで培った技術やノウハウを投入しつつ低価格化を図ったモデル。10mm径ダイナミック型ドライバにグラフェンコート振動板を採用。

ダイヤモンド以上の硬度を持つという炭素素材のグラフェンを振動板にコーティング。この振動板を軽量なCCAWボイスコイルと組み合わせ、キレのある応答特性を実現するとしています。

再生周波数帯域は20Hz~40kHzで、ハイレゾ再生に対応。インピーダンスは16Ω、音圧感度は92dB/mW、最大入力は50mW。ケーブルはY型で、長さは約1.2m。ケーブルを含めた重量は約15g。

ハウジングには2つのバスポート、リアハウジングには2つの制振メタルを組み合わせた新構造を採用。「音の広がりと引き締まった低域を実現する」としています。

S/M/Lの3サイズのイヤーピースや、キャリングポーチが付属。カラーはブラック、ピンク、シャンパンゴールド。

シリーズ中もっとも安いというだけでなく、カラバリも従来よりも女性向けを意識したようなラインナップを新たに投入。より幅広い層へのアピールも狙っているようです。

引用元: ・低価格でナイスなイヤホン Part141

http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1507377954/
597: 名無しさん┃】【┃Dolby (ワッチョイ 36f7-G0Oi) 2017/12/06(水) 17:07:59.89 ID:PriGFy1y0
マクセルのMXH-GD50とやらが楽しみ
Grapheneシリーズの最廉価版らしいけど
きちんとグラフェン振動板積んでるのは嬉しい

一番下位の機種だけにハウジングはフル樹脂筐体か
高音丸いのかな