final_D8000
S’NEXTは、自社ブランドfinal(ファイナル)の平面磁界型ヘッドホン「D8000」を11月30日に発売。オープン価格で実売予想価格は388,000円前後(税込)。
AFDS(エアフィルムダンピングシステム)を搭載。AFDSは、振動板を高い精度の開口を持つパンチングメタルで挟み、振動板とパンチングメタルとの間の薄い空気の層(エアフィルム)の摩擦をコントロールする事で、振動板を制動する仕組み。

従来の平面磁界型は、中高域の繊細さは極めて優れているものの、振幅が大きくなる低域では、振動板がマグネットに当たってしまう為、低域の再現性が十分でないという問題を抱えていた欠点を克服する技術。

これにより、平面磁界型の繊細な高域と、ダイナミック型の量感と開放感のある低域を併せ持った高音質を実現していると謳います。振動板口径は70mm径。インピーダンスは60Ω。重量は523g。

筐体はアルミマグネシウム合金の切削で構成。シボ塗装仕上げを採用。

ケーブルは着脱可能で、入力プラグが3.5mmのステレオミニで長さ1.5mのケーブルと、6.3mmの標準プラグで長さ3mのケーブルを同梱。final初という、アルミ切削ヘッドホンスタンドも同梱するのも特徴。

「春のヘッドホン祭 2017」にて発表されていて30万円台を予告していた試作機の正式発売が決定したものです。50mm振動板を搭載した下位モデルや、さらに上位のモデル、密閉型モデルなどラインナップを拡充していくとしていたので、期待したいところです。発表会では本機の開発にヤマハが関わっていたことも明かされました。こうした大手メーカーと専門メーカーとの協業も増えていくのでしょうか?

なお、オプションでのバランス接続ケーブルも発売予定とのことです。しかもヘッドホン側の端子はSONOROUSシリーズと共通。これも朗報でしょう。

引用元: ・final audio designのイヤホン&ヘッドホン Part11

http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1486660759/
843: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ baba-Y7bb) 2017/10/19(木) 16:15:15.86 ID:op+djMYG0
final、空気の層の摩擦を活用したAFDS搭載の平面磁界型ヘッドフォン「D8000」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1086903.html


848: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ ba4d-0MKJ) 2017/10/19(木) 22:31:53.81 ID:Kw8MHio60
>>843
手持ちのHE1000と渡り合えるくらいの出来なら買う
早く聴きたいぜ


844: 名無しさん@お腹いっぱい。 (スッップ Sd9a-yp0/) 2017/10/19(木) 17:12:09.47 ID:GvFK8Wo0d
相変わらず値段がfinalなのはいいとして、
お得意のBAM機構は使わないのか
あとさりげなくシルバーコートケーブルでなくなっている……
てかいつ発売すんだよ、ケーブル


845: 名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウウー Sa89-Cbot) 2017/10/19(木) 21:24:06.25 ID:wvDxmuZfa
ヘッドホンスタンド良いね。
ソノラスをスタンドに置くと地面スレスレにケーブルくる感じだったから改善される事を期待


846: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 8e5d-PBJt) 2017/10/19(木) 21:29:21.75 ID:5OkLkslZ0
僕はヘッドホンスタンド使わない派!


849: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ a6f8-wYkv) 2017/10/19(木) 22:52:30.15 ID:i3JPjEDI0
値段高いけど
AUDZEやHIFIMANはこれぐらいかもっと高い値段の平面型を出してるから
LCD-4やHE-1000より良い音質と特性なら海外のハイエンド使用者から注目されるかもね


851: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 4e5a-Y7bb) 2017/10/20(金) 15:01:51.17 ID:yuYbzeV/0
>>849
>良い音質と特性
音質は良し悪しじゃない
ただの好み
特性なんかアホなスぺオタ意外には無意味

出てくる音質が好きか嫌いか
それだけだ


final_D8000_2