ソニーは、Bluetooth搭載アクティブスピーカー「SRS-XB60」を10月21日に発売。オープン価格で実売は4万円前後。

重低音再生にこだわった「EXTRA BASS」シリーズの最上位モデルで、大きさもシリーズ最大。
ダンスやライブなどを“心を震わす大音量”で楽しめるというコンセプト。

ユニットは130mm径ウーファー×2、50mm径ツイーター×2を搭載。内蔵アンプ出力は総合150W。サイズは264×272×552mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約8kg。最大14時間再生できるバッテリーを内蔵(ライティングOFF時)。

エンクロージャーは木製。バッテリー内蔵でポータブル使用対応ですが防水性は備えません。本体にカラフルなライトも備え、パーティを盛り上げるような利用にも対応。最大12種類の光り方で演出できます。

コーデックはSBC、AAC、LDACに対応。対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP、SPP。

最大10台までのスピーカー同士(XBシリーズの対応機種XB60/40/30/20)をBluetoothで同時接続し、同じ音源を流せる「ワイヤレスパーティーチェーン」に対応。ただし、この機能を利用する際のコーデックはSBCのみ。

スマートフォンアプリ「Sony | Music Center」に対応し、スピーカーの接続やライティングのコントロールを、スマートフォンから行うことも可能可能。また、XB60同士を有線接続するパーティーチェーン(Wired Party Chain)にも対応。そのほか、「Speaker Add」機能も利用可能で、2台から同じ音を出す「ダブルモード」のほか、1台でLチャンネル、もう1台でRチャンネルを出力してセパレートのステレオスピーカーのように使える「ステレオモード」にも対応

Bluetoothのほか、アナログRCAの入出力×各1と、マイクミキシング対応のマイク入力を装備。USB A端子も備え、USBメモリ内のMP3/WMA再生や、スマートフォンなどへの充電も行なえます。

バブルラジカセ全盛期を思い起こさせる印象。当時とは異なり、簡単に大出力をひねり出せるデジタルアンプを積んでいるのはアドバンテージでしょう。大音量を出せる環境がある人は減っているとは思いますが…。

なお、本製品よりはるかに大きく、高額なさらなる大型アクティブスピーカー「MUTEKI」が海外発売されますが、国内導入はなさそうです…。


引用元: ・Bluetoothスピーカースレッド Part26

http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/hard/1503489981/

701: 不明なデバイスさん 2017/09/12(火) 14:25:45.69 ID:c9GaSqmK
ソニー、音楽にあわせて光る低音重視“EXTRA BASS”の大型ワイヤレススピーカー「SRS-XB60」
http://www.phileweb.com/sp/news/d-av/201709/12/42088.html

でかすぎでしょ


702: 不明なデバイスさん 2017/09/12(火) 15:05:26.39 ID:aJag4J64
デカすぎるのはmutekiの方だろ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1078546.html


703: 不明なデバイスさん 2017/09/12(火) 15:09:41.47 ID:sZwlFwEw
mutekiとか書いてあると「あれ、AVのスレ見てたっけ?」と勘違いするからやめて
いや一応AVではあるけども