DENON_DCD-100
デノンは、幅280mmで高さも抑えた薄型のコンパクトなCDプレーヤー「DCD-100」を7月下旬に発売。価格は75,000円。
ネットワーク対応コンパクトデジタルアンプ「DRA-100」(11万円)とデザインと幅をそろえ、組み合わせて使うのが想定されたCDプレーヤー。

幅280mm、奥行き305mmはDRA-100と同等で、アルミパネルやサンドブラスト加工も共通。DCD-100の高さは71mmで、DRA-100(104mm)より薄くなっています。重量は4.2kg。

スロットインタイプのCDドライブを搭載し、音楽CDのほか、CD-R/RWディスクに記録したMP3/WMAファイルの再生に対応。ディスクを挿入すると自動再生を始めるオートプレイ機能を備えています。ランダム/リピート/プログラム再生にも対応。

5mm厚のアルミパネルと1mm厚のスチール製メインシャーシに、シリコンラバー製のダンパーを介してディスクメカニズムを固定し、外部からの振動を遮断し、音質への悪影響を抑えている。384kHz/32bit対応のDACを搭載。

出力端子は同軸デジタル×1とアナログ音声(RCA)×1。

DCD-100とDRA-100をデジタル接続することで、データの読出しから増幅までのフルデジタルプロセッシングを実現。DRA-100のアナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing」により、DCD-100から伝送されたデジタルデータをハイビット/ハイサンプリング化して、高音質再生を可能にします。

デノンは2015年にもUSB-DAC搭載デジタルアンプ・PMA-50と組み合わせを想定したコンパクトCDプレーヤー、DCD-50を5万円で発売。外形寸法は200×240×86mm(幅×奥行き×高さ)、重量は2.4kgとサイズは違いますが、スロットインタイプでディスクに保存したMP3、WMAファイルの再生にも対応するなど内容はかなり似ています。192kHz/32bit対応DACを搭載という点は違います。

価格的に見るとDCD-100のほうがDCD-50よりもアナログ出力では上回っていそうではあります。ただ、DCD-50は縦置き可能。本機では可能かわかりません。

DENON CDプレーヤーDCD-50-SP

いずれにしても、今時CD単機能プレーヤーでUSB入力もなし、デノンお得意のアルファプロセッシングも単体では積んでいないシンプルと言えばシンプルなプレーヤー。

DRA-100は内容は良いのですが、USB-DAC機能が無いという弱点があっただけに、本機にUSB入力/DDC機能を備えてDRA-100とデジタル伝送できるようにすれば面白かったと思いますが…。単体の薄型CDプレーヤーとしては少し高価な印象でしょうか。

引用元: ・■ デノン オーディオ 総合スレッド Part5 ■

http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1492915736/
395: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/07(金) 11:10:01.57 ID:pBfuadnz
DCD-100が発表されたけど、特徴ないなあ、これならティアックのスロットインのが良さげ?

しかも今更感あるし。


397: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/07(金) 16:31:35.44 ID:VrsR+h3O
>>395
この値段でDRA-100と組んだらDCD-50とほぼ同じになるものを買う人がいるだろうか