BeoPlay_P2
完実電気は、同社取り扱いのデンマーク・B&O PLAYブランド製のBluetoothワイヤレススピーカー「Beoplay」シリーズの最小モデルとなる「Beoplay P2」を5月25日から発売。価格は19,900円(税込)。

140W×28H×80Dmm、質量約275gの手の平サイズにこのブランドらしいデザイン性と技術を盛り込んだ意欲作です。

スマホ並みと言っていいコンパクトボディ。これにパールブラスト加工のアルミニウム素材を用い、高級感を演出。いつもながらの洗練された北欧デザイン。ポリマー製のボトムを用いた筐体には防塵・防滴加工が施されているので屋外での使い勝手も上々。カラーはブラック、ロイヤルブルー、サンドストーンの3色。

ここまでなら他のメーカーでもできましょう。B&Oはオーディオ的な技術でも唸らせます。「Bang & Olufsen Signature Sound」なる名称のサウンドシステムを搭載。3/4インチファブリック製ソフトドームトゥイーターと15W×2(最大出力50W×2)クラスDアンプの採用で、迫力のサウンドを奏でるとしています。

「True360オムニディレクショナルサウンド」により、どの位置にいても変わることのないサウンドが楽しめるというのは既存の小型機同様。「Beoplay」アプリによりイコライジングも行えます。再生周波数帯域は68Hz~21kHz。

サウンドシステム云々はよくわかりませんが、このサイズで最大出力50W×2のアンプ出力には驚きです。この大きさでここまでの出力のアンプを積むアクティ部スピーカーは他にないのではないでしょうか?さすがアイスパワーを開発したB&Oです。この技術をもっと他にも生かして欲しいくらいです。

これでバッテリー時間が短かったらお笑い草ですが、そこも抜かりありません。バッテリーは2時間の充電で最大10時間駆動。充電はUSB-C端子から行います。マイクを内蔵し、ハンズフリー通話や、SiriやGoogle Nowなどの音声操作もサポート。皮革ストラップ装備。

「Beoplay」シリーズ最小なだけでなく、最もリーズナブルな価格も魅力。いいとは思っていてもいささか高くて手が出なかかった人にも敷居が低くなったのではないでしょうか?ステレオ機なのかも気になります。おそらくそうだと思いますが。