MQAは、今週開催を迎えるミュンヘンHIGH END 2017に向けて、MQAフォーマットの再生に対応するハードウェアブランドに、オーディオクエストやエソテリックなど多数のオーディオメーカーが参加することを発表した。

今回のリリースでパートーナーシップが表明されたブランドは、オーディオクエスト、CanEVER Audio、dCS、エソテリック、IAG(Audiolab、Quad)、Krell、LUMIN、Mark Levinson、MOON(Simaudio)、Pro-Ject Audio、TEAC、Wadax。

Mark Levinsonのマーケティング&プロダクトマネージメントディレクターのジム・ギャレット氏は「ユーザーに最高の忠実度を提供することを重要と考え、No.519でMQAをサポートしたことはそのためのアプローチとして自然なことだ」とコメントしている。

http://www.phileweb.com/news/d-av/201705/15/41196.html




※MQAはとくに従来のCDに24bit/176.4kHzのハイレゾデータを入れ込めるという点では大変画期的。問題のひとつははDAコンバーター側の対応でしたが、今回のパートナーシップ発表で、ひとまず安心といったところでしょうか。

ただ、ハイレゾストリーミング方法としてはMQAでなければならない必然性は低いかと。やはりMQA-CDの意味が大きいかと思いますが、それも出るのが多少遅かった感はあります。もう数年早ければ個人的にもCDとハイレゾをうまく同居、両立させたと便利に使ったかもしれませんが、もうハイレゾは普通のFLAC/DSDのハイレゾデータダウンロードで大丈夫かな、と思っています。

それでもMQAで業界の風向きが変わるならそれもいいかと思います。