VECLOS
日本オーディオ協会主催のオーディオイベント「OTOTEN 2017」。

サーモスが手がけるオーディオブランド VECLOSは、ステンレス魔法びんの技術を活用したBluetoothスピーカー・「SSA-40」で知られていますが、今回、より大型のHi-Fiスピーカーの試作機を参考出展。

看板技術の魔法びんを応用したステンレス製の真空二重構造を採用した円筒形は共通。スピーカーのボディはより大型化。ユニットにはアルミ振動板を使用。アンプとハイレゾ対応USB-DACを内蔵したアクティブ型。Blueoothにも対応予定で、しかもハイレゾ相当伝送にも対応予定とのことで、LDAC対応ということでしょうか?

発売は年内を予定し、価格帯も“Hi-Fi対応のデスクトップ機”に相当するものになるということで、PCオーディオ用の高品位アクティブスピーカーとして食い込めるか注目です。